DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
米パンドラ・メディア−大幅上昇 買収観測浮上を好感 (12/3 9:52)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
実践!IPO戦略セミナーのご案内
『トレーダーズ・ウェブ』のIPOアナリスト田中一実が、今後の公開株の攻略法を分かりやすく説明。ご参加お待ちしております!
≫ 詳しくはこちら

日本株情報サービス「トレーダーズ・プレミアム」サイトリニューアルのお知らせ
よりご活用いただけるサービスにするため会員専用ウェブサイトをリニューアル致しました!
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

姉妹サイト『トレーダーズ・ウェブFX』に待望のスマホ版をリリースしました
FX情報がより機動的にご利用いただける『トレーダーズ・ウェブFX』を、これからもよろしくお願いいたします。
≫ トレーダーズ・ウェブFXはこちら

会員サービスのご案内
株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられる『投資相談室』サービスを提供しています
徹底活用ガイド

【ご案内】無料メールマガジンのご紹介
『日刊 トレーダーズ・メールマガジン』は登録無料!
詳細はこちらから
外資系動向
外資系証券寄り付き前注文動向 バックナンバー
2016年12月 売買単位:万株
日付 社数 売り 買い 差引 日経平均終値 前日比 月の満欠
15920890-3018,513.12+204.64
251,5001,550+5018,426.08-87.04
55
65
75
85
95
125
135
145○満月
155
165
195
205
215
225
265
275
285
295●新月
305
※「外資系動向」は業界関係者へのヒアリングに基づいた非公式な情報です。
※作業手順の関係から、当日分は先にニュースで配信しております。
 
注目コンテンツ
ニュースランキング
1 ADR主要銘柄(日本)−ヤフー、第一三共、ソニーが上昇 LINE、三井住友トラスト、デンソー、日東電工が下落
2 フジオフード−6日ぶり反落 ダスキン傘下のどんを買収
3 後場コメント No.2 資生堂、キーパー技研、王将フード、サンフロンティア、フジオフードなど
4 日本アジア投資−ストップ高 映画「君の名は。」が中国で上映開始
5 住友林業−5日ぶり反発 日本最大級の発電規模50MW 紋別バイオマス発電所営業運転開始
マーケットデータ
終値
日経平均 18,426.08 -87.04
日経平均先物 18,330 -70
TOPIX 1,477.98 -5.29
TOPIX先物 1,471.00 -11.50
東証2部指数 4,854.38 -2.69
JASDAQ 2,658.20 -10.24
マザーズ 907.02 -12.96
ドル/円 114.00 -0.10
ユーロ/円 121.85 +0.21
10年国債 0.04 +0.01
2年国債 -0.18 -0.01
12月2日 15:17 更新
出来高
東証1部 2833400 3017848
東証2部 135040 32729
12月2日 15:17 更新



トレーダーズ・コンパス
トレンドを探る 12/2
移動平均
パラボリック
H&L転換
ポイント&フィギュア
総合判定
買われ過ぎ・売られ過ぎを探る 12/2
RSI 79.22
ストキャスティクス 21.82
騰落レシオ 123.41
乖離率 -0.09%
総合判定 買われ過ぎ
判断基準 ≫