DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ユーロドル 8/17以来の安値水準となる1.12ドル半ばに (8/24 20:44)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
日本株情報サービス「トレーダーズ・プレミアム」サイトリニューアルのお知らせ
よりご活用いただけるサービスにするため会員専用ウェブサイトをリニューアル致しました!
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

LINEのIPO特設ページを開設しました
7月15日上場予定に向け話題を集めているLINE株式会社。弊社IPO担当アナリストのIPOの分析コメントを無料公開中!
≫ LINE株式会社の分析ページはこちら

シンガポール取引所(SGX)提供コンテンツのご案内
シンガポール取引所とのコラボによる「寄り付き前、SGX日経225先物速報」を提供しております。寄り付き直前、国内市場のオープニングを先取りする情報としてぜひご活用ください。
SGX日経225先物速報

姉妹サイト『トレーダーズ・ウェブFX』に待望のスマホ版をリリースしました
FX情報がより機動的にご利用いただける『トレーダーズ・ウェブFX』を、これからもよろしくお願いいたします。
≫ トレーダーズ・ウェブFXはこちら

会員サービスのご案内
株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられる『投資相談室』サービスを提供しています
徹底活用ガイド

【ご案内】無料メールマガジンのご紹介
『日刊 トレーダーズ・メールマガジン』は登録無料!
詳細はこちらから
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
8/24 16:58
自動車や半導体に強い動き、閑散相場はしばらく続きそう
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1237/値下がり587と買いが優勢。半導体関連が強く、アドバンテストやSCREENなどが大幅上昇。売り買いの手がかりに乏しいなか、中小型株が賑わう展開で、低温下でも駆動する電池の実証に成功したと発表したオハラがストップ高。人工知能(AI)関連の材料を手がかりにメタップスやALBERTなどが急伸した。ほか、自宅葬に特化した子会社の設立を発表したカヤックなどが強い動きとなった。一方、下げが続いているメドレックスは、開発パイプラインの状況についてのリリースを出したものの、売りが止まらず3日連続のストップ安。PCデポは連日の大幅安で年初来安値を更新した。きのう大幅高となった小野薬品は、きょうは一転売りが優勢となった。

 今週に入りきょうで3日、前週が為替にらみで不安定な動きとなったことから、週末のイエレンFRB議長講演を前にしては今週は方向感の出づらい展開となることは予想されたが、それにしても閑散かつ動意に乏しい展開が続いている。週末のイベントは、注目度が高い割には、ここで何か新しいことが出ると予想している見方は少なく、またその可能性も高くない。それでこの閑散相場となるようでは、来週は週末に米雇用統計を控え、今週以上に薄商いとなる可能性があり、さらにはその先のFOMCおよび日銀金融政策決定会合に向けては、その流れがさらに強まる可能性がある。

 現状では、来週の8月分の米雇用統計が著しく悪い内容となるか、グローバル市場で突発的なクラッシュが生じない限りは、9月利上げの可能性自体は消えないだろう。逆に米要人がどれだけ早期の利上げに前向きな発言を行ったとしても、FOMCの正式な結果発表までは9月利上げを完全に織り込むことも難しい。そこに日銀の追加緩和への思惑も入るのだから、9月前半までは閑散相場が続くと見ておいた方がよい。市場参加者が少ない分、為替のわずかな動意などでも指数が大きく振れる日もあれば、きょうのように動きがないとみれば凪のような相場にもなり、方向感はつかみづらくなる。現状では上は17000円、下は16000円を割らなければ、トレンドが大きく変わったとみる必要はないように思われる。その意味では指数に大きな動きが出た場合には逆張りの戦略が有効になると考える。




後場概況
8/24 15:43
日経平均は反発 トヨタが3/30以来の高値水準を回復
 24日の日経平均は反発した。欧米株高に加え円安を好感して買いが優勢。だが今週末のイエレンFRB議長の講演を控えていることが気掛かり材料となり手控え姿勢が強まった。円安推移で、トヨタが3/30以来の高値水準を回復するなど、自動車株や輸出主力株の一角が堅調だったほか、証券会社が目標株価を引き上げたソフトバンクが大幅高。反面、ニトリHDやしまむらなど小売り株の一角や三菱地所などの不動産株が軟調だった。

前場概況
8/24 12:01
日経平均は反発 日産自やホンダなどの自動車株がしっかり
 24日前場の日経平均は反発。序盤は欧米株高を好感して主力株への資金流入がみられたが、材料難に加えイエレンFRB議長の講演を前に積極的に上値を買う向きは限定的だった。日産自やホンダなどの自動車株に強さがみられたことや、半導体関連の一角にも買いが入った。一方、任天堂や小野薬の下落が個人の手控え要因になったほか、ニトリHDやしまむら、ファストリなどの小売関連の下げが目立った。業種別では、輸送用機器や金属製品、非鉄金属、証券などが上昇、水産・農林や小売が下げた。

今日の株式見通し
8/24 8:18
欧米株の上昇に安心感、落ち着いた動きが続くか
 東京市場は堅調か。欧米株はそろって上昇。欧州は金融株が上昇をけん引した。米国は良好な住宅関連指標や、住宅メーカーの好決算が市場のムードを明るくした。ドル円は100円30銭台近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて30円高の16540円、ドル建てが45円高の16555円で取引を終えた。米国の主要3指数は引けにかけては上げ幅を縮めており、週末のイエレンFEB議長講演を前に様子見姿勢の強い地合いは続いている。ドル円も100円よりは上という水準にとりあえず安心感があるという程度で、円高への警戒感は依然残る。ただ、海外が堅調な動きとなったことから売り込む材料もない。きのうが弱かった分、一定の反発は期待でき、16500円台近辺で落ち着いた推移が続くと予想する。日経平均の予想レンジは16500円−16650円。

ニュースランキング
1 後場コメント No.1 SUMCO、大成建設、オリンパス、NTTドコモ、モブキャストなど
2 後場コメント No.2 ソニー、センコー、アドバンテスト、テンプHD、オハラなど
3 後場コメント No.3 グローリー、セコム、横浜ゴム、ベネッセ、ソフトバンクなど
4 後場コメント No.4 日立ハイテク、日本電気硝子、コマツ、日本特殊陶業、日立建機など
5 後場コメント No.5 ワタベ、トリドール、総医研、デジタルガレージ、モルフォなど
採用募集
マーケットデータ
終値
日経平均 16,597.30 +99.94
日経平均先物 16,540.00 +30.00
TOPIX 1,306.71 +9.15
TOPIX先物 1,303.50 +5.50
東証2部指数 4,313.93 +20.38
JASDAQ 2,457.20 +7.75
マザーズ 914.73 +4.63
ドル/円 100.35 +0.11
ユーロ/円 113.33 0.00
10年国債 -0.08 0.00
2年国債 -0.19 +0.01
8月24日 15:17 更新
出来高
東証1部 1322870 1607701
東証2部 90640 16563
8月24日 15:17 更新