DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
欧州通貨下落、ユーロドルは1.0830ドルまで (3/29 2:08)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
日本株情報サービス「トレーダーズ・プレミアム」サイトリニューアルのお知らせ
よりご活用いただけるサービスにするため会員専用ウェブサイトをリニューアル致しました!
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

姉妹サイト『トレーダーズ・ウェブFX』に待望のスマホ版をリリースしました
FX情報がより機動的にご利用いただける『トレーダーズ・ウェブFX』を、これからもよろしくお願いいたします。
≫ トレーダーズ・ウェブFXはこちら

会員サービスのご案内
株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられる『投資相談室』サービスを提供しています
徹底活用ガイド

【ご案内】無料メールマガジンのご紹介
『日刊 トレーダーズ・メールマガジン』は登録無料!
詳細はこちらから
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
3/28 16:51
19000円台より下では買い入る、実質新年度入りで相場は変わる?
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1804/値下がり153と買いが優勢。傘下企業が重油と水の混合燃料を生成する装置を開発したと報じられた寺崎電気がストップ高まで買われた。業績観測を受け、夢の街やリソー教育が大幅高。ほか、証券会社のレポートを手がかりにグンゼが昨年来高値を更新した。一方、親会社ベインキャピタルが持ち株を売却すると発表したすかいらーくが大幅安。通期見通しを引き下げたライトオンが後場に入り急落した。力の源やうるる、オロなど直近上場株は大きく売られるものが目立った。きょう新規上場のズームとNo.1はそろって高い初値をつけたが、その後は伸び悩んだ。

 米国株がまちまちの動きとなった割には、日経平均は比較的強い上昇で終えた。直近で荒い動きが続いたが、結局19500円より上では売られるけれども、19000円より下では買いが入るという今年のパターンが今回も繰り返されただけとも言える。レンジ相場継続ならば、目先は下を試した後だけに上昇が期待できる。ただ、下振れ懸念が和らいだ一方で方向感は出なかったことから、物色は当面日替わりとなる可能性が高い。

 あすは実質新年度相場入りで相場つきに変化が見られるかどうかが注目されるが、国内は材料が乏しく、8連敗中のダウ平均の動向次第か。足元で強まるトランプ政権の政策不透明感を払しょくできるような大幅高となった場合は、直近大きく売られた金融や市況関連が買い戻される展開、弱い動きが続いた場合や反発しても戻りが鈍い場合には、内需銘柄が物色される展開を予想する。「トランプ・ラリー」にアヤがついたという点では、この先は内需が買われる局面が増えそうな印象。また、相場が崩れなかったという点では、中小型株にとっては良好な地合いが続くと考える。




後場概況
3/28 15:35
日経平均は反発 澤藤電機が5日連続のストップ高
 28日の日経平均は反発。ドル円相場が110円台後半で推移したことで、買い安心感が広がり、幅広い銘柄が買い直された。また3月決算銘柄の権利・配当付き売買最終日となり、配当再投資目的の買いが相場を下支えした。東京エレクやキヤノンなど値がさハイテク株が後場一段高となったほか、澤藤電機が5日連続のストップ高。半面、住友鉱が後場下げに転じたほか、日本エアーテックや松屋フーズ、ニトリHDが軟調に推移した。

前場概況
3/28 12:01
日経平均は反発 国際帝石や昭和シェルなどの資源・石油株が上昇
28日の日経平均は反発。円高が一服し買い安心から幅広い銘柄が上昇した。また、3月権利付き最終売買日で、権利・配当狙いの買いも相場の下支え要因。ただ、積極的に上値を買う向きは少なく、底堅く推移した。33業種が値上がりし、なかでもこれまで調整を続けてきた国際帝石や昭和シェル石油などの資源・石油株が高く、ガラス・土石、金属製品株と続く。半面、急伸していた日本エアーテックが4日ぶりに反落したほか、JR九州やファストリ、ヤマハなどが軟調に推移した。

今日の株式見通し
3/28 8:14
ダウ平均は8日続落も円高一服を好感し反発か
 東京市場は堅調か。ダウ平均は8日続落と重いムードは続くが、米主要3指数は序盤に下げて持ち直しており、動きとしては悪くない。ドル円は足元で110円60銭近辺と、円高は一服傾向にある。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて170円高の18980円、ドル建ては245円高の19055円で取引を終えた。米新政権の政策実行能力への警戒が強まっているが、日経平均はきのうの大幅安で一定程度は織り込んでいる。米国株が大きくは崩れず、為替も持ち直しているなら、反動で買いが優勢となる可能性が高い。ただ、様子見姿勢の強い地合いも続きそうだ。日経平均は節目の19000円より上は維持しつつ、上は5日線(19166円)や一目均衡表の雲上限(19141円)が控える19150円どころが抵抗になると予想する。予想レンジは19000円−19150円。

ニュースランキング
1 後場コメント No.3 パレモ、エムスリー、村田製作所、日立製作所、ミクシィなど
2 後場コメント No.1 パナソニック、関西電力、ライトオン、クレスコ、住友林業など
3 前場コメント No.6 オーテック、アンリツ、保土谷化学、京セラ、岩崎電気など
4 後場コメント No.4 コニカミノルタ、センコー、クリエートメディック、ブリヂストン、リミックスなど
5 後場コメント No.2 デジタルデザイン、伊藤忠、ビジョン、ノーリツ鋼機、コロプラなど
採用募集
マーケットデータ
終値
日経平均 19,202.87 +217.28
日経平均先物 19,040 +230
TOPIX 1,544.83 +20.44
TOPIX先物 1,529.50 +21.00
東証2部指数 5,953.26 +64.57
JASDAQ 3,041.48 +6.42
マザーズ 1,044.43 +13.74
ドル/円 110.70 +0.04
ユーロ/円 120.17 -0.06
10年国債 0.06 +0.01
2年国債 -0.25 +0.01
3月28日 15:17 更新
出来高
東証1部 1900130 2415021
東証2部 110410 40165
3月28日 15:17 更新