DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ADR主要銘柄(日本)−ソニー、 みずほフィナンシャルが上昇 味の素、… (5/27 7:36)
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

 
会員サービス 『 トレーダーズ・プレミアム 』 のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】 『 日刊 トレーダーズ 』 のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら
話題の銘柄
市場で集めた個別銘柄情報の中から、短期的に注目を集めそうな銘柄をピックアップしています。
会員サービスでは、今ご覧の銘柄情報と同じものを前日の寄り付き前にお届けしております。
より早い情報をご希望のお客様は、会員サービス『トレーダーズ・プレミアム』(有料)をご利用ください。
2017/05/25
6758 ソニー 3998円 (+41)
18年度の増益ドライバーは半導体、モルガンMUFGが「Overweight」継続・目標株価4100円→4700円
モルガン・スタンレーMUFG証券では、17年度会社計画の上振れはすでにコンセンサスであり、18年度の増益幅が今後の論点になると指摘。G&Nはサイクルのピークアウトで減益リスクが高まるため、半導体の利益貢献の重要性が高まる。経営方針説明、ID DAYに注目。投資判断「Overweight」を継続、目標株価を4100円→4700円と引き上げた。

これまでの株価上昇は、17年度中期計画5000億円の達成コンビクションがドライバーとなっていた。今後の株価上昇には、18年度に向けての市場の利益目線が上昇するかどうかにかかる。IR DAY 2017では会社の利益目線は示されず、17年度本決算を待つ格好。上記の目標株価到達のカタリストは、(1)18年度のG&N分野における増益確度を高めるためのネットワーク事業の収益貢献やPS VR向けタイトルのヒット、(2)同CMOSの収益性改善の具体的なシナリオの出現が今後の四半期決算で得られるかどうか。ただし、これらが得られる可能性は3Q以降が高いと考えられるとし、短期的な株価上昇カタリストは限定的と想定。

17年度営業利益予想を上方修正。為替前提は112円/ドル、120円/ユーロ。会社計画は105円/ドル、110円/ユーロ前提で5000億円。上方修正要因のポイントは、半導体で820億円→1249億円よ大幅に増額。カメラモジュール売却益270億円を除いたベースでも159億円の増額であり、CMOS投入能力の増額が想定以上だったことと、価格ミックスの上昇がその理由。H&Eでは353億円→605億円と上方修正。テレビの単価上昇について見方を変更。

株価は4000円台に達したものの、今後アウトパフォームしていくためには、市場想定を上回る17年度、18年度の利益水準達成へのコンビクションが必要。特に、18年度に大幅増益への市場期待が高まることが重要だが、考えられる業績ドライバーは、(1)CMOSの能力増強に伴うトップラインと、マージン上昇に伴う利益増、(2)ゲーム部門におけるネットワーク事業の利益貢献と、サイクルの長期化の2点の実現性に議論は絞られると指摘。

以上を踏まえ、今18.3期営業利益予想を会社計画5000億円(EPS 未公表)に対して5028億円(EPS 199.6円)→5649億円(EPS 231.5円)、来19.3期予想を5648億円(EPS 235.5円)→5964億円(EPS 251.5円)と上方修正し、20.3期予想を6151億円(EPS 266.4円)と追加。

6141 DMG森精機 1763円 (+57)
今期業績計画の上方修正タイミングが早まりそう、クレディ・スイスが「OUTPERFORM」継続、目標株価2000円→2100円
クレディ・スイスが業績予想を上方修正、投資評価「OUTPERFORM」を継続し、目標株価を従来の2000円から2100円に引き上げた。

好調な今第1四半期(1〜3月)決算内容および同社受注の約半分を占める欧州の堅調な経済環境や自動車販売、工作機械受注動向を見る限り、今第3四半期ではなく今第2四半期決算発表時にも今期業績計画が上方修正される確度は高まったと考える。加えて、発行済み株数の2.6%に当たる350万株の自社株取得も期待され、コンセンサス業績予想と株価バリュエーションの切り上がりが見込まれる。

好調な今第1四半期決算を踏まえ、今17年12月期予想営業利益を266億円から会社計画220億円を27%上回る280億円(IBES予想258億円を9%上回る)へ、来期予想も316億円からIBES予想296億円を8%上回る前年比14%増の320億円へ増額修正。来期は11期ぶりに過去最高益の更新が期待可能と考える。また、今回のサイクルピークである19年12月期は同14%増の365億円を予想する、と指摘。

今2017年12月期連結営業利益を会社計画220億円(EPS82.7円)に対し従来予想266億円(EPS120.0円)から280億円(EPS109.0円)へ、来2018年12月期同316億円(EPS120.0円)から320億円(EPS135.3円)へ増額し、新たに2019年12月期連結営業利益を365億円(EPS161.6円)と予想している。

5334 日本特殊陶業 2322円 (+38)
割安感が際立つ現株価、シティが「買い」継続、ターゲットプライス2750円→2950円
シティグループが投資評価「買い」を継続、ターゲットプライスを従来の2750円から2950円に引き上げた。

(1)買収後間もないWells社の減損実施(2016年3月期第2四半期より連結、前期に特別損失202億円を計上)、(2)前期比微減益の今期営業利益計画(半導体事業の損益改善は緩やかなものにとどまる見通し)などが失望感につながった可能性は否定できない。

とはいえ、(1)については今期以降の費用負担減になること(加えて、客先調達方針の変更があったとされるが、我々はWells社の業績が実態として大きく悪化しているわけではないと理解)、(2)については為替前提を調整すれば実質コンセンサス線であったこと、が指摘できよう。排ガスセンサー事業における中期期待を考慮すると、2019年3月期当社予想EPSに対しPER10倍強にとどまる現株価は割安感が際立つ。株価の低迷が続くようであれば、どこかで自社株買いも検討されよう。

2017年3月期実績営業利益536億円(自動車580億円/半導体▲48億円)に対し、110円/ドル・120円/ユーロなどを前提に、当社では2018年3月期営業利益620億円(自動車654億円/半導体▲34億円)→2019年3月期669億円(同679億円/▲13億円)と予想。2018年3月期会社計画(営業利益534億円)に対しては、為替(会社計画は105円/ドル・115円/ユーロなどを想定)を主因に大幅上振れを見込む。半導体事業は、(1)不採算品からの撤退が今期末の予定となっていること、(2)拠点統合に絡む移転コストの発生、を背景に今期の業績改善は緩慢なものになりそうだ。自動車事業は、主に排ガスセンサーの数量増・ミックス良化を背景に収益拡大が続く想定、と指摘。

今2018年3月期連結営業利益を会社計画534億円(EPS180.0円)に対し従来予想590億円(EPS208.8円)から620億円(EPS207.6円)へ、来2019年3月期同665億円(EPS234.1円)から669億円(EPS223.7円)へ増額し、新たに2020年3月期連結営業利益を706億円(EPS235.9円)と予想している。

2326 デジタルアーツ 3885円 (+505)
9月19日提供開始予定の新ソリューションに期待、東海東京が「Outperform」継続、目標株価4000円→6000円
東海東京が業績予想を上方修正、レーティング「Outperform」を継続し、目標株価を従来の4000円から6000円に引き上げた。

17年3月期業績は、売上高51億円(前期比26.4%増)、営業利益18億円(同81.2%増)と大幅増収増益で着地した。自治体のセキュリティ対策ニーズを背景として主力製品の販売が例年以上に好調であった。

18年3月期通期会社計画は、売上高56億円(前期比10.7%増)、営業利益20億円(同9.6%増)である。17年3月期が大幅増収増益での着地となり、さらに18年3月期も2ケタ近い増収増益の計画を公表した点はポジティブな印象。当社予想18年3月期業績は、売上高58億円(同14.9%増)、営業利益22億円(同22.3%増)と、会社計画を上回る前期比2割超の営業増益を見込む。その主な要因は、新ソリューションの業績寄与である。

同社は9月19日から、標的型攻撃に代表される外部からの攻撃に対する新ソリューションの提供を予定している。m-FILTERおよびi-FILTERの両方をメジャーバージョンアップし、m-FILTERでメール対策、i-FILTERでWebアクセス対策を講じ被害を防ぐ。通常の標的型攻撃対策ソリューションは他社製品との組み合わせによって実現されることが多いが、同社の新ソリューションは同社製品のみの組み合わせによって実現される。これによって顧客は運用負荷が減るほか、複数の製品を組み合わせる場合に比べ安価に対策を講じることができる。付加価値の高いソリューションであることから、i-FILTER、m-FILTERの単価が上昇する可能性もあり、その場合は更なる利益率向上に寄与しよう、と指摘。

今2018年3月期連結営業利益を会社計画20億円(EPS89.7円)に対し従来予想17.1億円(EPS70.3円)から22.3億円(EPS96.3円)へ、来2019年3月期同23.7億円(EPS109.8円)から32.3億円(EPS139.7円)へ増額し、新たに2020年3月期連結営業利益を44.5億円(EPS192.7円)と予想している。

前日の話題の銘柄
2017/05/24
3793 ドリコム 1777円-94
IPを獲得できる力は想像以上、大和が「3(中立)」→「2(アウトパフォーム)」・目標株価1230円→2230円

4543 テルモ 4455円+130
シスメックスからのスイッチを推奨、JPモルガンが「Neutral」→「Overweight」、目標株価4200円→5800円

5706 三井金属鉱業 403円+2
マイクロシンを中心に高成長続く、カセロネス鉱山の操業も安定的に推移、野村が「Buy」継続、目標株価570円→720円

2782 セリア 5350円+180
市場シェア獲得により今後も高成長が続くと予想、みずほが「買い」継続、目標株価5550円→6050円
過去に取り上げた銘柄
2017/05/23
8591 オリックス 7752 リコー 4911 資生堂 7911 凸版印刷
2017/05/22
6273 SMC 6965 浜松ホトニクス 4151 協和発酵キリン 3817 SRAホールディ
2017/05/19
4732 ユー・エス・エス 3632 グリー 8252 丸井グループ 2146 UTグループ
2017/05/18
6113 アマダホールディ 6758 ソニー 8036 日立ハイテクノロ 8283 PALTAC
2017/05/17
4849 エン・ジャパン 2270 雪印メグミルク 2327 新日鉄住金ソリュ 7701 島津製作所
2017/05/16
6728 アルバック 6501 日立製作所 6098 リクルートホール 7269 スズキ
市場で集めた個別銘柄情報の中から短期的に注目を集めそうな銘柄をピックアップしています。
※1日遅れでの掲載となっており、当日分は 『トレーダーズ・プレミアム』 で提供しております。

ニュースランキング
1 日経平均サポート&レジスタンス−ともに5日線がレジスタンス
2 先物・OP市況−業種別ランキング(東証1部) 大引けはその他製品が最上位
3 後場コメント No.2 トヨタ、JR西日本、三菱重工業、JR東日本、NECなど
4 恐怖指数VIXは9.81、前日比低下
5 円債サマリー(26日)=先物は株安で続伸、超長期に買い
採用募集
マーケットデータ
終値
日経平均 19,686.84 -126.29
日経平均先物 19,710 -90
TOPIX 1,569.42 -9.00
TOPIX先物 1,571.50 -6.00
東証2部指数 5,956.35 -6.38
JASDAQ 3,146.62 -0.82
マザーズ 1,094.45 +3.76
ドル/円 111.45 -0.39
ユーロ/円 124.76 -0.61
10年国債 0.04 -0.01
2年国債 -0.18 -0.02
5月26日 15:17 更新
出来高
東証1部 1563610 2155125
東証2部 81570 38978
5月26日 15:17 更新