DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
無料セミナー
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

本日の更新状況

インフォメーション
IPO情報「メルカリ」更新中!
6月19日に東京マザーズに新規上場するメルカリの詳細情報はこちら!
≫ 「メルカリ」のデータを見る

【無料メルマガ】『日刊トレーダーズ』のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら
HELP(国内株式)
株式分割について

 株式市場とくに新興市場の話題でなるのが株式分割です。今回は株式分割の仕組みとマーケットに与える影響について考えてみたいと思います。


 株式分割とは、すでに発行されている株式を分割して株式数を増加させることで、1株を2株に分割した場合、株数は2倍になりますが、株価は理論上半額になります。したがって、「株数×株価」に変化はありません。株主あるいは投資家がうけるメリットとしては、1単位の株式が、株式分割により2単位になった場合、株主は1単位ずつ売却することが可能になります。また、投資家にとっては、株価が半額になったため、今までの半分の資金で1単位の株式を購入することが可能になります。つまり、市場での株価が高くなりすぎた場合に分割すると、株価を下げることで流通性を高める効果が期待できます。


 冒頭で株式分割が話題になったと申し上げましたが、これまでも株式分割自体は行われていました。ただ、商法改正により株式分割時の規制が撤廃されたことで、分割に踏み切る企業が続出しました。分割幅も1対2以上の大幅とする企業も多く、流動性向上という側面から株価上昇につながるケースも多く見受けらます。株式分割を発表すると株価が上昇し、さらに権利落ち直後から極端に人気化している銘柄が多いのも特徴です。


 直近の分割銘柄の動向に共通していえることは、ファンダメンタルズ云々よりは一時的な株式需給が主な株価決定要因となっていることです。特に分割後急騰した銘柄については、新株の効力発生後は相応の売り圧力を覚悟する必要がありそうです。株式分割銘柄への投資については、短期的に割り切れる場合はともかく、銘柄選別や株価位置、投資タイミングなどを十分考慮すべきでしょう。


株式分割一覧
目次に戻る