森六ホールディングス 株式会社注目度/B
コード/4249市場/東証1部業種/化学売買単位/100株
事業内容化学製品全般を販売するケミカル事業ならびに自動車四輪部品、二輪部品を製造販売する樹脂加工製品事業
スケジュール価格情報
仮条件決定12/1仮条件2,610 〜 2,700
ブックビルディング期間12/4 - 12/8
公開価格決定12/11公開価格2,700
申込期間12/12 - 12/15初値予想
※有料情報のご案内
3,000
払込期日12/19
上場12/20初値2,975
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項http://www.moriroku.co.jp/
代表者名三輪 繁信 (上場時69歳7カ月)/1948年生
本店所在地東京都港区南青山
設立年1916年
従業員数46人 (10/31現在)(平均41.4歳、年収725.9万円)、連結4311人
株主数254人 (目論見書より)
資本金1,640,100,000円 (11/16現在)
上場時発行済み株数16,960,000株
公開株数3,910,000株(公募1,228,000株、売り出し2,172,000株、オーバーアロットメント510,000株)
シンジケート公開株数3,400,000株 
(別に510,000株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券野村2,890,00085.00
引受証券SMBC日興275,4008.10
引受証券岡三68,0002.00
引受証券むさし68,0002.00
引受証券三菱UFJモルガン・スタンレー40,8001.20
引受証券SBI40,8001.20
引受証券みずほ17,0000.50
大株主※潜在株式なし単位(株)単位(%)
森六ホールディングス(株)自己株式2,152,70212.69
従業員持ち株会特別利害関係者など1,815,00610.70
三井化学(株)取引先1,416,0008.35
三井物産(株)取引先1,128,0006.65
森 茂取締役相談役、取締役の血族1,076,5606.35
本田技研工業(株)取引先792,0004.67
(株)三井住友銀行取引先530,0003.13
(株)りそな銀行取引先530,0003.13
森 俊武特別利害関係者など526,1443.10
(株)阿波銀行取引先526,0003.10
井染 敏子取締役の血族524,4763.09
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(連結実績)2016.3172,2246,3036,0763,320
(連結実績)2017.3170,0056,3235,9851,026
(連結予想)2018.3176,4987,7447,6894,994
(連結中間実績)2018.387,3353,3313,5642,571
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(連結予想 )2018.3329.563,846.7480
調達資金使途成形・塗装ラインの増設、成形機などでの自動化・効率化への投資、システム投資
連結会社29社
参考類似企業今期予想PER(11/21)
3553  共和レザ11.1倍(連結予想 )
4231  タイガポリ8.4倍(連結予想 )
4242  タカギセイコ9.7倍(連結予想 )
4246  DNC10.8倍(連結予想 )
5184  ニチリン9.1倍(連結予想 )
6982  リード-倍(単独予想 )
7215  ファルテック26.3倍(連結予想 )
7273  イクヨ10.7倍(単独予想 )
7284  盟和産19.7倍(連結予想 )
7291  日プラスト6.1倍(連結予想 )
7888  三光合成11.1倍(連結予想 )
事業詳細
 化学品商社と樹脂製車部品メーカーの持ち株会社。創業は1663年で、阿波徳島にて天然アイとアイの肥料を販売していたことに始まる。車部品はほぼホンダ向けで、戦後に自動二輪「スーパーカブ」向けを皮切りに進出した。

1.ケミカル事業
 電機・電子材料、自動車材料、コーティング、ファインケミカル、生活材料、樹脂加工製品分野において、化学品・合成樹脂製品を販売・製造、輸出入している。化学素材や製品の流通をコーディネートするだけでなく、付加価値を有する素材・製品を開発・提供しており、メーカー機能も有している。

2.樹脂加工製品事業
 内外装の樹脂製自動車四輪部品のほか、二輪車部品、精密樹脂部品を製造・販売している。

 2017年3月期の売上高構成比は、ケミカル事業38.4%、樹脂加工製品事業61.6%。主な販売先はホンダ・マニュファクチャリング・アラバマ11.9%、ホンダ・オブ・アメリカ10.7%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。