ラクスル 株式会社注目度/A
コード/4384市場/マザーズ業種/情報・通信業売買単位/100株
事業内容印刷および集客支援のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」を中心とした印刷事業、物流のシェリングプラットフォーム「ハコベル」を中心とした運送事業など、産業ごとのシェアリングプラットフォームの創出
スケジュール価格情報
仮条件決定5/15仮条件1,300 〜 1,500
ブックビルディング期間5/16 - 5/22
公開価格決定5/23公開価格1,500
申込期間5/24 - 5/29初値予想
※有料情報のご案内
1,600
払込期日5/30
上場5/31初値1,645
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項https://corp.raksul.com/
代表者名松本 恭摂 (上場時33歳7カ月)/1984年生
本店所在地東京都品川区上大崎
設立年2009年
従業員数147人 (3/31現在)(平均33.2歳、年収621万円)
株主数38人 (目論見書より)
資本金188,598,000円 (4/27現在)
上場時発行済み株数27,517,000株 (別に潜在株式1,832,800株)
公開株数12,592,000株(公募2,500,000株、売り出し8,449,900株、オーバーアロットメント1,642,100株)
シンジケート公開株数10,949,900株 
(別に1,642,100株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券大和5,639,30051.50
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー2,956,50027.00
主幹事証券みずほ1,806,80016.50
引受証券SBI383,2003.50
引受証券SMBC日興109,4001.00
引受証券マネックス54,7000.50
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
松本 恭摂代表取締役社長CEO5,787,00021.55
(株)オプトホールディング特別利害関係者など4,773,30017.78
(株)日本政策投資銀行特別利害関係者など2,391,1008.91
グローバル・ブレイン5号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)1,965,3007.32
WilFundI,L.P.ベンチャーキャピタル(ファンド)1,793,8006.68
テクノロジーベンチャーズ3号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)1,304,2004.86
YJ1号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)1,298,7004.84
永見 世央取締役CFO724,0002.70
(株)リンクアンドモチベーション特別利害関係者など517,2001.93
AT-I投組ベンチャーキャピタル(ファンド)517,2001.93
日本生命保険(相)特別利害関係者など475,0001.77
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(単独実績)2016.75,082-1,434-1,438-1,448
(単独実績)2017.77,675-1,145-1,163-1,175
(単独予想)2018.710,5155096
(単独中間実績)2018.74,903-121-129-132
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(単独予想 )2018.70.31241.060
調達資金使途広告宣伝費、システム外注費、人材採用費・人件費など
連結会社0社
参考類似企業今期予想PER(5/8)
3064  MonotaRO51.9倍(連結予想 )
3559  ピーバン25.7倍(単独見込 )
3989  シェアテク52.5倍(単独予想 )
事業詳細
 ファブレス・インターネット印刷業。中小の印刷業者を束ねたシェアリングプラットフォーム「ラクスル」の運営を通じ、小ロットからの印刷物を販売している。また、物流版の「ハコベル」も運営している。2018年1月末の累計ユーザー数はラクスル55万5050ユーザー、ハコベル1万2000超ユーザー。

1.印刷事業
 インターネットを使って全国の顧客から印刷の注文を集め、ネットワークとして築いている印刷会社の印刷機の非稼働時間を使って印刷している。顧客は「ラクスル」のウェブサイト上で印刷物の部数や納期などを選び、印刷データをアップロード。その後、同社が印刷データを印刷に適したデータに加工し、提携印刷会社へ印刷を委託する。印刷会社は印刷後、直接顧客へ品物を届ける。
 併せて印刷物のデザインサービスや、印刷したチラシの新聞折り込みやポスティングの配布サービスも提供している。

2.運送事業
 荷物を送りたい顧客と運送会社のドライバーをマッチングし、インターネット上で荷物の配送予約から支払いまで行える物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を運営している。顧客がハコベルで依頼すると登録ドライバーのパソコンやスマートフォンに届き、条件が合うドライバーが受注する。さまざまな利用目的で活用されているが、特に都市内輸送とラストマイル配送での利用が多い。

 2017年7月期の売上高構成比は、印刷事業97.7%(印刷ECサービス82.2%、集客支援サービス15.5%)、運送事業2.2%、その他0.1%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。