株式会社 JTOWER最近の株価注目度/A
コード/4485市場/マザーズ業種/情報・通信業売買単位/100株
事業内容国内外における通信インフラシェアリングおよびその関連ソリューションの提供
スケジュール価格情報
仮条件決定12/2仮条件1,550 〜 1,600
ブックビルディング期間12/3 - 12/9
公開価格決定12/10公開価格1,600
申込期間12/11 - 12/16初値予想
※有料情報のご案内
2,100
払込期日12/17
上場12/18初値2,620
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項https://www.jtower.co.jp/
代表者名田中 敦史 (上場時45歳4カ月)/1974年生
本店所在地東京都港区赤坂
設立年2012年
従業員数50人 (9/30現在)(平均38歳、年収699.7万円)、連結100人
株主数16人 (目論見書より)
資本金1,399,711,000円 (11/13現在)
上場時発行済み株数19,354,472株 (別に潜在株式793,600株)
公開株数6,777,200株(公募2,987,000株、売り出し2,906,300株、オーバーアロットメント883,900株)
シンジケート公開株数2,987,500株 
(別に883,900株)/(国内分)
単位(株)単位(%)
主幹事証券SMBC日興2,540,20085.03
主幹事証券大和298,70010.00
引受証券みずほ59,6001.99
引受証券野村29,8001.00
引受証券三菱UFJモルガン・スタンレー14,8000.50
引受証券SBI14,8000.50
引受証券楽天14,8000.50
引受証券マネックス8,9000.30
引受証券岩井コスモ5,9000.20
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
(株)カルティブ役員らが議決権の過半数を所有する会社5,000,00029.14
日本電信電話(株)特別利害関係者など3,639,60021.21
田中敦史代表取締役社長、子会社の取締役1,834,40010.69
JA三井リース(株)特別利害関係者など1,175,2006.85
三菱UFJキャピタル4号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)914,0005.33
日本郵政キャピタル(株)ベンチャーキャピタル(ファンド)842,0004.91
アイティーファーム・のぞみ投組ベンチャーキャピタル(ファンド)571,6003.33
(株)INCJベンチャーキャピタル(ファンド)463,1602.70
DBJキャピタル投組ベンチャーキャピタル(ファンド)457,2002.66
SMBCベンチャーキャピタル1号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)457,2002.66
みずほ成長支援投組ベンチャーキャピタル(ファンド)457,2002.66
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(連結実績)2018.3756-474-479-577
(連結実績)2019.31,377-169-166-214
(連結予想)2020.32,439-165-258-289
(連結中間実績)2020.31,09610-3-28
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(連結予想)2020.3-16.77256.210
調達資金使途設備投資、借入金の返済
連結会社4社
参考類似企業今期予想PER 11/18
4423  アルテリア14.7倍(連結予想 )
9450  ファイバーGT38.8倍(連結予想 )
事業詳細
 携帯キャリアへの屋内基地局貸し。従来は携帯キャリア各社単独で行われてきた携帯基地局関連インフラに関連する装置、アンテナ、工事、構築物、電源、ファイバーなどの設備投資をグループで一本化し、各社へシェアリングする事業を国内外で展開している。

1.国内IBS(In-Building-Solution)事業
 屋内携帯インフラの設備投資を、独自に開発した共用設備により一本化するソリューションを提供している。

2.海外IBS事業
 主にベトナムやミャンマーといった海外でIBS事業を展開している。2019年1月にはマレーシアの通信インフラシェアリング最大手、イードットコグループと戦略的事業提携しており、同国で協業の取り組みを始めた。

3.タワー事業
 5G(第5世代移動通信システム)や第4の携帯キャリア参入に対応するため、屋外での通信インフラ設備提供を目指している。2019年9月末時点では、本格展開開始に向け各携帯キャリアと協議している段階である。

4.ソリューション事業
(a)クラウドWi-Fiソリューション
 不動産事業者に対してクラウドWi-Fiソリューションを提供している。

(b)SITE LOCATORサービス
 屋上への基地局設置許可を得た不動産事業者情報を集約したデータベース「SITE LOCATOR」を活用し、屋上の遊休スペースを貸し出したい不動産事業者と、屋上に基地局を設置したいる携帯キャリアをマッチングするサービスを展開している。

 2019年3月期の連結売上高構成比は、国内IBS事業62.7%、海外IBS事業(全てベトナム)33.0%、ソリューション事業4.3%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。