AI inside 株式会社最近の株価注目度/A
コード/4488市場/マザーズ業種/情報・通信業売買単位/100株
事業内容人工知能(AI)技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービス「DX Suite」の提供など
スケジュール価格情報
仮条件決定12/5仮条件3,000 〜 3,600
ブックビルディング期間12/9 - 12/13
公開価格決定12/16公開価格3,600
申込期間12/17 - 12/20初値予想
※有料情報のご案内
9,000
払込期日12/24
上場12/25初値12,600
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項https://inside.ai/
代表者名渡久地 択 (上場時35歳7カ月)/1984年生
本店所在地東京都渋谷区渋谷
設立年2015年
従業員数57人 (10/31現在)(平均34.48歳、年収609.9万円)
株主数12人 (目論見書より)
資本金465,200,000円 (11/21現在)
上場時発行済み株数3,540,000株 (別に潜在株式389,900株)
公開株数575,000株(公募300,000株、売り出し200,000株、オーバーアロットメント75,000株)
シンジケート公開株数500,000株 
(別に75,000株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券野村440,00088.00
引受証券大和12,5002.50
引受証券三菱UFJモルガン・スタンレー12,5002.50
引受証券SMBC日興12,5002.50
引受証券SBI12,5002.50
引受証券岩井コスモ2,5000.50
引受証券マネックス2,5000.50
引受証券いちよし2,5000.50
引受証券楽天2,5000.50
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
渡久地択代表取締役社長CEO2,000,00056.77
アクサ生命保険(株)特別利害関係者など250,0007.10
UTEC4号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)221,0006.27
(株)レオパレス21特別利害関係者など200,0005.68
中沖勝明取締役会長148,0004.20
日本郵政キャピタル(株)ベンチャーキャピタル(ファンド)147,0004.17
大日本印刷(株)特別利害関係者など100,0002.84
名井将元従業員98,0002.78
レカム(株)特別利害関係者など58,0001.65
第一生命保険(株)特別利害関係者など50,0001.42
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(単独実績)2018.3279-311-311-340
(単独実績)2019.3445-181-182-183
(単独予想)2020.31,335211193191
(単独中間実績)2020.3613179176175
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(単独予想)2020.359.60518.73-
調達資金使途サーバー購入費、サーバー維持関連費、採用費・人件費
連結会社0社
参考類似企業今期予想PER 11/29
3844  コムチュア36.6倍(連結予想 )
6572  RPA73.1倍(連結予想 )
6752  パナソニック12.0倍(連結予想 )
7325  アイリック29.5倍(連結予想 )
7911  凸版印12.3倍(連結予想 )
8060  キヤノンMJ15.2倍(連結予想 )
事業詳細
 AI(人工知能)によるOCR(光学式文字認識)サービス「DX Suite」を提供。ディープラーニング(深層学習)による手書き文字認識AIを開発しており、これを日々の業務で誰もが使えるようにするためのサービスして、企業や官公庁に提供している。

 DX Suiteは内部に(1)レイアウトが統一された帳票を読み取る「Intelligent OCR」、(2)本人確認書類や各種申込書の種類を仕分けする「Elastic Sorter」、(3)レイアウトが統一されていない帳票を読み取る「Multi Form」――といったアプリケーションを有しており、組み合わせて契約、利用することができる。通常はクラウド環境にて提供しているが、独自開発した専用のエッジコンピューティング用ハードウエア「AI inside Cube」にDX Suiteをインストールして使えば、オンプレミス(自社設備)環境でも利用できる。

 なお売上高は読み取り回数を基に算出される月額従量費用や、オプション機能の月額固定費用といったリカーリング型モデルの収益と、初期費用などのセリング型モデルの収益で構成される。初期費用についてはサービスの提供期間にわたり、案分計上している。

 2019年3月期の売上高構成比は、リカーリング型モデル21.9%、セリング型モデル78.1%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。