株式会社 BuySell Technologies最近の株価注目度/B
コード/7685市場/マザーズ業種/卸売業売買単位/100株
事業内容出張買い取りを中心とした多様なリユース商材の買い取りおよび販売
スケジュール価格情報
仮条件決定11/28仮条件1,790 〜 1,930
ブックビルディング期間12/2 - 12/6
公開価格決定12/9公開価格1,930
申込期間12/11 - 12/16初値予想
※有料情報のご案内
2,800
払込期日12/17
上場12/18初値3,720
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項https://buysell-technologies.com/
代表者名岩田 匡平 (上場時35歳6カ月)/1984年生
本店所在地東京都新宿区四谷
設立年2001年
従業員数550人 (10/31現在)(平均29.3歳、年収421.8万円)
株主数11人 (目論見書より)
資本金40,000,000円 (11/14現在)
上場時発行済み株数6,445,000株 (別に潜在株式560,780株)
公開株数770,500株(公募445,000株、売り出し225,000株、オーバーアロットメント100,500株)
シンジケート公開株数670,000株 
(別に100,500株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券SBI569,40084.99
引受証券大和33,5005.00
引受証券みずほ33,5005.00
引受証券SMBC日興13,4002.00
引受証券岡三3,4000.51
引受証券東海東京3,4000.51
引受証券丸三3,4000.51
引受証券水戸3,4000.51
引受証券岩井コスモ2,0000.30
引受証券エース1,3000.19
引受証券藍沢1,3000.19
引受証券エイチ・エス1,3000.19
引受証券むさし7000.10
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
ミダス第1号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)3,474,00052.94
ミダス第2号投組ベンチャーキャピタル(ファンド)1,320,00020.12
大石崇徳特別利害関係者など600,0009.15
岩田匡平代表取締役社長CEO372,0005.67
丸山聖司特別利害関係者など120,0001.83
Soltec Investments Pte. Ltd.ベンチャーキャピタル(ファンド)60,0000.91
(株)イングリウッド特別利害関係者など60,0000.91
R&T Partners, LPベンチャーキャピタル(ファンド)60,0000.91
畑野洋平取締役48,0000.73
(株)ベクトル特別利害関係者など30,0000.46
100キャピタル投組ベンチャーキャピタル(ファンド)30,0000.46
小野晃嗣取締役CFO30,0000.46
谷口雅紀取締役CMO30,0000.46
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(単独実績)2017.128,917341319226
(単独実績)2018.1210,118496472329
(単独予想)2019.1212,891848804513
(単独3Q累計実績)2019.129,418797787500
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(単独予想)2019.1285.29301.7915
調達資金使途広告宣伝、人件費および採用費、倉庫移転にかかる設備投資
連結会社0社
参考類似企業今期予想PER
2674  ハードオフ15.9倍(連結予想 )
2780  コメ兵15.5倍(連結予想 )
3093  トレファク20.8倍(連結予想 )
3135  マーケットエンタ65.8倍(連結予想 )
3177  ありがと8.2倍(連結予想 )
3179  シュッピン23.3倍(単独予想 )
3377  バイク王26.5倍(単独予想 )
3545  デファクト18.4倍(単独予想 )
3556  リネットJPN30.7倍(連結予想 )
6993  大黒屋-倍(連結予想 )
7228  デイトナ6.5倍(連結予想 )
7602  カーチスHD328.9倍(連結予想 )
9270  SOU16.3倍(連結予想 )
事業詳細
 中古品買い取り事業「バイセル」など。店舗を保有せずインターネットやマスメディアを使ったマーケティング戦略により集客するとともに、買い取り査定では約100名のコールセンター員と約250名の査定員を配置し、出張訪問買い取りを中心とする事業モデルによりネット型リユース事業を展開している。関東圏、関西圏、名古屋、福岡などを拠点とする全国10センター(2019年10月現在)を展開しており、宅配や持ち込みによる買い取りも受け付けている。

 取扱商品は主に着物、切手、古銭、貴金属、ジュエリー、ブランド品、時計、骨とう品、毛皮、酒などを対象としており、販売時に高単価を確保できるものをメーン商材としている。主要顧客層は50代以上が約75%を占め、自宅整理、遺品整理および生前整理をサービスの利用目的とする顧客が約60%を占める。

 一方、販売は古物市場や業者向けオークションによる法人販売が中心で、売上高の約90%を占める。楽天市場やヤフオク!など他社EC(電子商取引)や百貨店催事、2018年7月からは自社ECサイト「バイセルオンライン」による販売も展開している。

 また、2018年11月からは自家用車の資産価値を維持もしくは向上させるスマートフォンアプリ「キャッピー」を運営している。キャッピーでは車の資産価値を過去・現在・将来にわたる自動車売買データから算出し、ワンタップで車を売却できる。日々のメンテナンス記録にポイントを付与し、売却価格に上乗せされる。

 2018年12月期の売上高構成比は、ネット型リユース事業100.0%。主な販売先はネットジャパン24.0%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。