ウェーブロックホールディングス 株式会社注目度/B
コード/7940市場/東証2部業種/化学売買単位/100株
事業内容各種合成樹脂製品の製造・加工・販売およびそれに付帯または関連する事業
スケジュール価格情報
仮条件決定3/21仮条件720 〜 750
ブックビルディング期間3/23 - 3/28
公開価格決定3/29公開価格750
申込期間3/30 - 4/4初値予想
※有料情報のご案内
750
払込期日-
上場4/10初値721
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項http://www.wavelock-holdings.com/
代表者名木根渕 純 (上場時57歳9カ月)/1959年生
本店所在地東京都中央区明石町
設立年1964年
従業員数37人 (1/31現在)(平均43.0歳、年収534.8万円)、連結747人
株主数10人 (目論見書より)
資本金2,185,040,000円 (3/6現在)
上場時発行済み株数11,120,538株 (別に潜在株式1,180,000株)
公開株数6,046,500株(売り出し5,266,500株、オーバーアロットメント780,000株)
シンジケート公開株数5,266,500株 
(別に780,000株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券みずほ4,529,40086.00
引受証券野村263,3005.00
引受証券SMBC日興263,3005.00
引受証券SBI105,3002.00
引受証券岡三52,6001.00
引受証券丸三52,6001.00
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
エムシーピースリー投資事業組合ベンチャーキャピタル(ファンド)6,046,53149.16
(株)サンゲツ資本業務提携先2,470,00020.08
ウェーブロックホールディングス(株)自己株式1,376,67311.19
ENTIRE HOLDING GROUP LTD.特別利害関係者など876,0277.12
木根渕 純代表取締役執行役員社長513,3074.17
福田 晃取締役執行役員常務250,0002.03
青木 隆志取締役145,0001.18
石原 智憲取締役執行役員110,0000.89
王 志鴻取締役50,0000.41
外山 達志子会社の役員41,0000.33
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(連結実績)2015.324,6569131,3391,031
(連結実績)2016.325,055740904365
(連結見込)2017.326,4001,2001,500950
(連結3Q累計実績)2017.319,9931,0131,289934
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(連結見込 )2017.391.05888.45 - 
調達資金使途-
連結会社13社
参考類似企業今期予想PER(3/17)
3553  共和レザ11.4倍(連結予想 )
4206  アイカ工18.1倍(連結予想 )
4224  ロンシル工7.8倍(連結予想 )
4956  コニシ12.0倍(連結予想 )
5122  オカモト16.2倍(連結予想 )
7871  フクビ10.1倍(連結予想 )
7971  東リ8.5倍(連結予想 )
事業詳細
 合成樹脂製品メーカー。「ウェーブロック」とは糸を波状に挟んで強化したプラスチックシートの名前で、同社は特許を保有するイタリア人から技術を導入するため、1964年6月に日本カーバイド工業など3社の均等出資によって設立された。現在は住宅用壁紙、農業用ネットや網戸用など合成繊維製の網製品、工事用シートなどの産業用資材・包材、自動車用内外装部品などを製造・販売している。
 7年9カ月ぶりの再上場になる。かつて東京証券取引所第2部に上場していたが、原材料価格の高騰やリーマンショックを受けて経営が悪化。大株主の売却意向を受けてみずほ系のMBO(経営陣が参加する企業買収)ファンドによる買収で、2009年7月に上場廃止になった。その後は事業子会社や工場の再編、中国工場の立ち上げ、新規事業の取り組み、壁紙販売最大手サンゲツとの資本業務提携などを実施した。

1.インテリア事業
 壁紙製品や壁紙ベース(半製品)の製造・販売、住宅関連商品の販売を手掛けている。壁紙業界は壁紙メーカーと、サンゲツなどのブランドメーカー(商社)に分かれる構造で、同社は前者に属するなかで最大手となる。

2.編み織り事業
 合成繊維製の網製品を製造販売している。具体的には住宅用防虫網、農業用資材網(遮光、防虫、防風など)、土木資材(植生網など)、建設仮設資材(フェンスネットなど)などがある。

3.産業資材・包材事業
 建築仮設資材や業務用衣料、農業資材、工場用カーテン向けのシートを製造販売している。ポリエステルなどの基布に塩化ビニール樹脂などをコーティング加工したターポリンシートや、網状に織ったポリエステル基布に塩化ビニール樹脂、可塑剤、安定剤、顔料などを塗布したメッシュシート、その他各種プラスチックシートやフィルム合成繊維製フィルム・シートなどがある。

4.アドバンストテクノロジー事業
 金属調の加飾フィルムや金属調テープ、フィルムシートを自動車・自動二輪車、家電、雑貨向けに製造販売するほか、医療用湿布基材に対する特殊印刷、消費財用包装材や段ボールなどの包装材を簡易に開封できる開封テープなどを販売している。

 2016年3月期の連結売上高構成比は、インテリア事業27.2%、編み織り事業27.2%、産業資材・包材事業34.1%、アドバンストテクノロジー事業11.5%。主な販売先はサンゲツ21.3%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。