株式会社 ファイズ注目度/B
コード/9325市場/マザーズ業種/倉庫運輸関連売買単位/100株
事業内容EC(電子商取引)運営企業の物流センターの管理・こん包などから配送まで一貫して業務を請け負う事業
スケジュール価格情報
仮条件決定2/24仮条件1,200 〜 1,250
ブックビルディング期間2/28 - 3/6
公開価格決定3/7公開価格1,250
申込期間3/8 - 3/13初値予想
※有料情報のご案内
3,000
払込期日3/14
上場3/15初値4,010
※スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本事項http://phyz.co.jp/
代表者名榎屋 幸生(上場時40歳8カ月)/1976年生
本店所在地大阪府大阪市北区
設立年2013年
従業員数179人 (12/31現在)(平均36.5歳、年収361.7万円)
株主数95人 (目論見書より)
資本金102,000,000円 (2/10現在)
上場時発行済み株数2,440,000株 (別に潜在株式199,600株)
公開株数632,500株(公募300,000株、売り出し250,000株、オーバーアロットメント82,500株)
シンジケート公開株数550,000株 
(別に82,500株)/
単位(株)単位(%)
主幹事証券大和495,00090.00
引受証券SMBC日興27,5005.00
引受証券みずほ16,5003.00
引受証券SBI11,0002.00
大株主※潜在株式を含む単位(株)単位(%)
金森 勉元代表取締役1,800,00076.94
榎屋 幸生代表取締役社長144,8006.19
(株)Kanamoriアセジメント元代表取締役の資産管理会社140,0005.98
従業員持ち株会特別利害関係者など86,8003.71
田中 勝也取締役38,0001.62
吉島 伸一監査役14,0000.60
奥津 慎取締役14,0000.60
長谷川 直監査役6,0000.26
中谷 雅弘従業員6,0000.26
小沢 義史従業員6,0000.26
長谷場 純一従業員6,0000.26
島田 堅児従業員6,0000.26
三箇 学従業員6,0000.26
松谷 和則従業員6,0000.26
矢島 譲士従業員6,0000.26
西方 秀夫従業員6,0000.26
中嶋 良輔従業員6,0000.26
米山 智郁子従業員6,0000.26
吉岡 正行従業員6,0000.26
業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(単独実績)2015.32,19135275
(単独実績)2016.33,49211310547
(単独予想)2017.35,125298291180
(単独3Q累計実績)2017.33,859293285178
1株当たりの数値(円)EPSBPS配当
(単独予想 )2017.383.97270.29-
調達資金使途本社事務所の移転に係る差入保証金と内装などの設備資金、社内基幹システム改修、運転資金
連結会社なし
参考類似企業今期予想PER(2/13)
2384  SBSHD6.8倍(連結見込 )
9037  ハマキョウ7.8倍(連結予想 )
9058  トランコム12.7倍(連結予想 )
9059  カンダ9.1倍(連結予想 )
9068  丸全運9.8倍(連結予想 )
9069  センコー11.0倍(連結予想 )
9090  丸和運輸15.3倍(連結予想 )
事業詳細
 EC(電子商取引)企業向けの3PL(物流一括受託)サービス。売上高の大半がアマゾンジャパン向け。ECサービスの利用者がECサイトの運営企業に商品を注文後から、商品宅配までの物流を一貫して手掛けている。大阪本社のほか、全国に10拠点を構えている。
 実質的な創業は2011年12月で、ヴィ企画の3PL事業部として発足した。2013年10月に機動的な経営判断のため会社として設立され、翌年に関連事業を譲り受けた。

1.オペレーションサービス
 ECサイト運営企業やメーカー、配送会社などに対し、業務効率化のコンサルティング指導を実践して行っている。
 具体的には、顧客ニーズを捉えて物流戦略を企画立案し、物流システムを構築する「コンサルティング業務」、輸配送ルートから物流拠点を選定し、拠点内における一連の業務フローを管理する「庫内オペレーション業務」など。輸配送のダイヤグラムの設定や、ECサイトに掲載するための商材写真のデータ処理サービスも提供している。

2.ロジスティクスサービス
 中・大型車両を用いて、メーカー拠点とECサイト運営企業の拠点間やECサイト運営企業の拠点と配送会社拠点間で商品を輸送している。

3.デリバリーサービス
 軽車両を用いて、ECサイト運営企業などの拠点からECサービス利用者へ商品を配送している。

 2016年3月期の連結売上高構成比は、オペレーションサービス81.5%、ロジスティクスサービス16.1%、ロジスティクスサービス2.4%。主な販売先はアマゾンジャパン69.2%。

「1株当たりの数値」においての注意
※BPS(1株当たり純資産)は直近四半期末の純資産に、公募による調達資金と2016年以降の上場銘柄については通期純利益予想の未経過分を足し、上場時発行済み株数で除したもの。純資産からは優先株式の発行金額・配当金や少数株主持ち分などを控除する。上場時発行済み株式数からは自己株式数を控除する。