DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。
ニュース ヘッドライン一覧 関連ニュース 最新のニュース
2018/02/14 13:07:35 [ 印刷 ]

〔Market Flash〕コンビニは客数をけん引する新商品が見られず〜みずほ

【13:05】コンビニは客数をけん引する新商品が見られず〜みずほ

 みずほ証券では、1月のコンビニエンスストアの月次動向を受けてリポートしている。各社の既存店売上高をみると、セブン-イレブン・ジャパンの既存店売上高が2カ月連続でプラスとなったが、ローソンとファミリーマートは、チケットなどを除く実質ベースでみると、マイナス基調が続く結果となった。記録的な大雪は、都心駅前の立地が多いファミリーマートにはマイナスに影響したとみられるが、住宅地立地の店舗を中心にまとめ買い需要が発生し、全体的に客単価の上昇に寄与したとのこと。一方、各社とも客数をけん引するような新しい商品やサービスがみられておらず、客数の伸び悩みが続いている点が最大の課題とみずほでは考えている。


【12:35】ゼネコンの10-12月期決算はサプライズはなく総じて順調〜野村

 野村証券では、ゼネコン各社の10-12月期決算がおおむね出そろったことを受けてリポートしている。四半期でのボラティリティや個社別の状況はあるものの、総じて建築の粗利率は高水準が継続し、受注環境や資材などのコスト上昇の影響についても各社の見方に変化はなく、サプライズのない順調な決算であったと野村では総括している。受注については、大型案件を獲得した大成建設(1801)が建築、土木の両事業で絶対水準が高く、通期の会社予想対比での進ちょく率も良好であったことを指摘している。


【10:25】自動車セクター決算レビュー 10-12月期は為替が追い風〜みずほ

 みずほ証券では、自動車セクターの17年10-12月期決算について考察している。日系主要自動車メーカー6社(トヨタ、ホンダ、日産、SUBARU、マツダ、スズキ)合計の17年10-12月期営業利益は、前年同期比29%(2789億円)増益の1.25兆円であった。為替が2681億円の増益要因と大きく寄与しており、みずほでは、この影響を除くとほぼ横ばいという状況と指摘している。18.3期通期の営業利益見通しを上方修正したのはトヨタ(7203)とホンダ(7267)であった一方、日産自動車(7201)は下方修正となった。みずほでは決算を踏まえ、スズキ(7269)、ホンダ、SUBARU(7270)に引き続き注目しており、投資判断「買い」を継続している。


【10:00】長期金利上昇は世界景気回復を反映、日本株への強気継続〜三菱UFJMS

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のマンスリーストラテジーリポートでは、今年前半の日本株に対して強気の見方を継続している。国内外の景気回復や業績改善はある程度織り込まれたとみているが、当面、世界的に設備投資が堅調であることが、日本企業の業績を押し上げると予想している。また、国内の人手不足を背景に、パートタイム労働者の時給に加えて、中小企業の正社員の賃金が上昇する可能性が高いと考えている。日本経済がデフレを脱するならば、一つの構造問題を克服することになり、債券に比べて株式の投資魅力が高まると想定している。また、最近の欧米の長期金利上昇は、世界景気の回復を反映していると三菱UFJMSでは捉えている。先月末からの世界的な株価下落は強気ポジションの修正が主因で、長期化する可能性は低いと考えている。


【9:40】商社の3Q決算の底流には世界景気回復と還元強化の流れ〜SMBC日興

 SMBC日興証券では商社の18.3期3Q決算を総括しており、実態経済の堅調さが非資源ににじみ出ていたことと、株主還元強化の流れを再確認できたことの2点が、ハイライトできる内容とコメントしている。前者は、各社の売上総利益の伸びや一過性損益を除く実態純利益に垣間見えるとしている。後者については、昨年12月に増配を発表した伊藤忠(8001)も含めると、豊田通商(8015)以外の6社が増配を発表しており、特に三井物産(8031)が株主還元のあり方を明示した点が好感された。SMBC日興では、18.3期はセクター全体として株主還元強化が注目される年とみているが、これは外部環境の好転のみに依拠するものではなく、規律ある投資、財務体質改善、「買いづらい」投資環境の3点が導く構造的変化と解釈している。そのため、配当に一定のフロアを持ちつつ、アップサイドが狙える状況は、来期も続く可能性があると考えている。


【8:45】寄り前気配は東海カ、日梱包、東建物、紀陽銀が高い気配値

 主力株の寄り前気配では、東海カ(5301) +9.99%、日梱包(9072) +9.77%、東建物(8804) +9.36%、紀陽銀(8370) +9.34%、日製鋼(5631) +7.66%、名銀(8522) +7.06%、堀場製(6856) +6.29%、北国銀(8363) +5.92%、ノーリツ(5943) +5.19%、山合銀(8381) +4.56%などが高い気配値。

 一方、ネクソン(3659)-16.56%、井関農(6310) -6.52%、アズビル(6845) -5.98%、千代建(6366) -5.03%、TC−Lea (8439) -4.62%、ADEKA(4401) -4.16%、ケーヒン(7251) -4.12%、関西電(9503) -3.97%、日信工業(7230) -3.60%、ITHD(3626) -3.31%などが安い気配値となっている。

ヘッドライン一覧 ジャンルを絞り込む
▼ 2018/2/22
22:56 ドル円 106.87円まで下げ幅拡大、米10年債利回り2.90%台へ低下
22:46 ドル円 106.93円まで下げ幅拡大、米10年債利回りは2.91%台へ低下
22:31 ドル円 106.98円までじり安
21:52 ドル円、107.10円まで下値広げる
21:09 ドル円は107.30円近辺で小動き、ポンドは一段安
19:52 LDN序盤まとめ=小動き、ドル円は107円前半で上値の重い動き
18:39 「滬港通」:香港株の取引上位10銘柄(2月22日)
18:39 「滬港通」:上海A株の取引上位10銘柄(2月22日)
18:12 株洲中車時代電気の目標株価を7%引き下げ=JPモルガン
18:03 52週安値を更新した銘柄一覧(2月22日)
18:03 52週高値を更新した銘柄一覧(2月22日)
17:46 22日の記事一覧:航空株が大幅逆行高、春節連休の観光客増を好感など
17:36 ドル円107円前半、クロス円も上値の重い動きが継続
17:33 22日の出来高ランキング (本土市場)
17:32 22日の出来高ランキング (香港市場)
17:31 22日の値下がりランキング (本土市場)
17:30 22日の値下がりランキング (香港市場)
17:29 22日の値上がりランキング (本土市場)
17:28 22日の値上がりランキング (香港市場)
17:28 欧州株市況−軟調 英でたばこや紙・パルプなど大きく下落
17:28 アジア株市況−高安まちまち 休場明けの上海は大きく上昇
17:16 2月22日の港股通は56.3億HKドルの買い越し
17:12 円債サマリー(22日)=先物は続伸、入札好調で午後から上値伸ばす
17:11 テンセント、米ファスト・カンパニー誌の「世界で最も革新的な企業」に選出 
16:18 A株市場で海南省関連銘柄が高い、中国国旅など観光株に買い
16:13 日経平均サポート&レジスタンス−週足基準線がサポート
16:03 欧州通貨主導でややドル買い、ドル円は107.60円近辺に持ち直す
15:08 海虹企業が取引再開、A株急落で説明公告
15:04 先物・OP市況−業種別ランキング(東証1部) 大引けは医薬品が最上位
15:00 後場コメント No.5 サイバーリンクス、アンリツ、日本アクア、東海理化、モノタロウ…
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次へ 


マーケットの話題
東京市場 日本株トップページ
大幅安であっさり5日線割れ、週間上昇で終われるか (2/22)
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり542/値下がり1455と売りが優勢。自己株取得を発表したNTTが強い動き。中期経営計画の前倒し達成観測が報じられたヤマダ電機…

【全文表示】

日経平均は大幅反落 ワンダーコーポ… (2/22)
日経平均は大幅反落 5日線を割り込… (2/22)
FOMC議事録公表後に米国株が失速、警… (2/22)

ニューヨーク市場 米国株トップページ
NY市場概況−続落 FOMC議事録を受けた長期金利上昇を嫌気 (2/22)
 21日のNY株式相場は続落。寄り付きから堅調に推移したが、公表されたFOMC議事録を受けて米10年債利回りが上昇したことで、反落。主要3指数はFOMC議事録公表直…

【全文表示】

香港・上海市場 中国株トップページ
香港大引け:反落、31000ポイント割れ IT株・金融株売られる (2/22)
 22日の香港株式市場でハンセン指数は反落。終値は前日比1.48%安の30965.68ポイントだった。H株指数は1.25%安の12528.64ポイント。メインボードの売買代金は…

【全文表示】

本土大引け:大幅に4日続伸、約2週ぶ… (2/22)
香港前引け:反落、一時31000ポイン… (2/22)
本土前引け:大幅に4日続伸、節目の3… (2/22)
外国為替市場 外国為替トップページ
東京為替サマリー(22日) (2/22)
東京午前=リスクオフ地合い強まる ドル円は107円前半 …

【全文表示】

LDN午前=ドル円107円前半、ポンドは… (2/22)
東京午後=ドル円・クロス円の戻りは… (2/22)
東京午前=リスクオフ地合い強まる … (2/22)
注目コンテンツ
ニュースランキング
1 ドル円 106.98円までじり安
2 ドル円、107.10円まで下値広げる
3 ドル円 106.93円まで下げ幅拡大、米10年債利回りは2.91%台へ低下
4 ドル円 106.87円まで下げ幅拡大、米10年債利回り2.90%台へ低下
5 ドル円は107.30円近辺で小動き、ポンドは一段安
マーケットデータ
現値
日経平均 21,736.44 -234.37
TOPIX 1,746.17 -15.44
東証2部指数 7,324.24 -28.50
JASDAQ 4,073.05 +5.20
マザーズ 1,206.31 -13.39
2月22日 15:30 更新
終値
ドル/円 107.38 -0.40
ユーロ/円 131.80 -0.59
10年国債 0.06 0.00
2年国債 -0.15 0.00
2月22日 15:27 更新
出来高
東証1部 1349480 2590220
東証2部 120590 47796
2月22日 15:27 更新



トレーダーズ・コンパス
トレンドを探る 2/22
移動平均
パラボリック
H&L転換
ポイント&フィギュア
総合判定
買われ過ぎ・売られ過ぎを探る 2/22
RSI 51.84
ストキャスティクス 36.23
騰落レシオ 87.21
乖離率 -0.75%
総合判定
判断基準 ≫
 
日経255先物・OPの更新について
大証の2/9の夜間取引(2/13分)が停止になり、データ取得ができなかったため、日経225先物・オプションの「先物・手口情報」は更新されませんでした。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承ください。
≫ 先物・手口情報

【お知らせ】 外資系動向提供終了のお知らせ
市場関係者各位のご都合により、2017年12月29日をもちまして外資系証券寄り付き前注文動向(外資系動向)の提供を終了致します。長年にわたり当情報をご愛顧いただき、誠に有難うございました。
≫ 外資系動向

会員サービス 『 トレーダーズ・プレミアム 』 のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】 『 日刊 トレーダーズ 』 のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら