DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。
ニュース ヘッドライン一覧 関連ニュース 最新のニュース
2017/03/21 14:36:33 [ 印刷 ]

〔Market Flash〕2020年度のGDP成長率は1%をやや下回ると予想〜ドイツ

【14:35】2020年度のGDP成長率は1%をやや下回ると予想〜ドイツ

 ドイツ証券では2016年10-12月期のGDP統計2次速報値や、2017年1-2月の月次統計の結果を受けて、経済見通しを微修正している。2017〜2018年に実質GDP成長率が1%程度で推移するという見通しには大きな変化はなく、今回から2020年度を見通し期間に加えている。2020年7-8月の東京オリンピックに伴う需要の増加が期待されるものの、2019年10月に予定されている消費税率の引き上げ後の需要の反動減の影響から、2020年度の成長率は、1%をやや下回ると見込んでいる。なお、消費増税の影響を除いたインフレ率は、1%程度の定常状態を維持すると予想している。


【13:25】金先物はリバウンドを経て下値を試す展開へ〜三菱UFJMS

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のテクニカルレポートでは、金先物について考察している。NY金先物は、3/10の1194ドルからは目先的なリバウンドに入っているとみている。3/16には一時1234ドルと、2月からの下落に対する50〜61.8%戻りの水準となる想定戻りレンジの1230〜1238ドルに入った。三菱UFJMSでは、このリバウンドを経て、1194ドルを下回る動きを想定している。1194ドルを割るとヘッド・アンド・ショルダーズからの下放れ開始を意味し、今後1〜3カ月以内に昨年12/16の1121ドルを試すことになると予想している。


【12:45】無難に利上げをこなした3月FOMC、6月会合は荒れ模様か〜みずほ総研

 みずほ総合研究所では、3月のFOMCを受けてリポートしている。3月開催のFOMCでは昨年12月以来の利上げが決定された。カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が利上げに反対したが、利上げは安心感をもって市場に受け止められた。みずほでは、イエレン議長自身を含む事前のシグナルに加え、FOMC参加者の政策金利見通し(中央値)が、前回と同様「年内3回」の利上げを示し、「4回」とならなかったことが、利上げの成功につながったと考えている。今後は6月の判断に注目しており、利上げとなれば「年4回」への修正もあると想定している。3月FOMCでは結論が出なかった再投資政策に関して縮小計画の公表が加わるようなら、次回利上げは今回とは異なり、荒れ模様になると予想している。


【11:05】半導体関連株は集中物色の可能性も〜大和

 大和証券のテクニカルレポートでは、米国株式市場では半導体株(SOX)指数が高値を更新しており、幕あい物色の有力な候補になってきた可能性があると考えている。SOX指数には2年のサイクルがあり、近年は西暦偶数の年にピークアウトする傾向があったが、奇数年の今年に高値を更新してきたことで、サイクルが延長してきた可能性を指摘している。これまでのチャンネルも上抜けてきており、こういった特徴は1999年にも観測され、その後は大きな波動が見られたとのこと。足元では株価だけでなくBBレシオも上昇しており、こちらもサイクルの延長を示している。同統計は北米ではメーカーの意向で1月分から集計公表が取りやめになったが、日本メーカーの統計は本日21日の引け後に発表が予定されており、世界的に注目されることが予想される。これらのことから、半導体関連株の集中物色の可能性に期待している。


【10:20】工作機械では中国のロボドリル受注が急増、ファナックにポジティブ〜CS

 クレディ・スイス証券では、日本工作機械工業会が発表した2月の工作機械受注確報値を受けてリポートしている。2月は前年比9%増(前月比7%増)の1112億円となり、3カ月連続で前年比プラスを維持した。CSでは伸び率が加速傾向を強めている点を評価している。内需は前年比4%増(1月比7%増)の405億円と、再度前年比プラスに転じた。一方、外需は前年比12%増(1月比7%増)の707億円と3カ月連続で前年比プラスを維持し、2桁増に転じている。外需は中国におけるロボドリルが予想以上の急増を見せているとのこと。このことはファナック(6954)に対してポジティブな印象と捉えている。


【9:55】ドル円は注目イベントは一巡、期末にらみの神経戦へ〜三菱UFJMS

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の外債投資ウイークリーレポートでは、ドル円の今週の想定レンジを112円00銭〜115円00銭としている。G20通過後は、日本の会計年度内に予定されている政治、経済、金融政策絡みの注目イベントは国内外とも概ね消化が終わって一巡する。米経済指標の発表は散在しているものの、いずれも単体の指標としては、米金融政策運営に対する市場の期待を一変させるほどの強い注目は浴びていない。本邦会計年度末の接近を意識した独特のかく乱需給に対する警戒感も次第に強まりそうとも指摘しており、一時的には値幅も方向感も出づらくなる中、妙な緊張感だけは地味に高まりゆく一週間を想定している。


【9:20】総合化学では三菱ケミHDや東ソー、三井化学に引き続き注目〜野村

 野村証券の素材マンスリーレポートでは、総合化学がサブセクターとして最も有望な投資対象との見方を再確認している。石油化学の需給は総じて堅調な状況が続いている。世界的な需要が堅調であることに加え、エチレンや塩ビなどで大幅な能力増強がない点も、これら石油化学の採算が好調な理由とみている。10-12月期のプラント企業決算から、米国で石化プラント建設の遅延が発生しつつあり、ワーカー確保はより難しくなる可能性もあるため、石化採算好調の長期化もあり得ると野村では考えている。個別では、三菱ケミカルホールディングス(4188)、東ソー(4042)、三井化学(4183)に注目するという見方を不変としている。


【8:45】寄り前気配はイズミ、武蔵銀、ウシオ電、参天薬が高い気配値

 主力株の寄り前気配では、イズミ(8273) +6.69%、武蔵銀(8336) +5.94%、ウシオ電(6925) +5.67%、参天薬(4536) +5.30%、不二越(6474) +3.76%、淀川鋼(5451) +3.76%、ホンダ(7267) +3.25%、百五銀(8368) +2.94%、ドン・キホー (7532) +2.84%、西鉄(9031) +2.80%などが高い気配値。

 一方、クレセゾン(8253)-23.71%、ネクソン(3659)-22.78%、京セラ(6971) -9.11%、博報堂DY(2433) -6.83%、豊通商(8015) -6.71%、ITHD(3626) -6.29%、協和キリン(4151) -5.85%、みらかHD(4544) -5.15%、北越紀州(3865) -5.05%、ジェイテクト(6473) -5.04%などが安い気配値となっている。

ヘッドライン一覧 ジャンルを絞り込む
▼ 2017/5/24
20:28 25日の決算発表予定銘柄と業績予想(香港市場):レノボグループ、ダイナムジャパンな…
19:37 LDN序盤まとめ=ドル円、112円台に定着できず
19:31 決算寸評:中国動向の16年12月本決算、減損剥落や実効税率の低下で8%増益
17:56 円債サマリー(24日)=先物は反落、超長期に売り
17:42 52週安値を更新した銘柄一覧(5月24日)
17:42 52週高値を更新した銘柄一覧(5月24日)
17:37 24日の出来高ランキング (本土市場)
17:37 24日の出来高ランキング (香港市場)
17:37 24日の値下がりランキング (本土市場)
17:36 24日の値下がりランキング (香港市場)
17:36 24日の値上がりランキング (本土市場)
17:35 24日の値上がりランキング (香港市場)
17:24 瑞声科技CEO、株主総会で空売り投資会社のリポート内容を否定
17:11 欧州株市況−小動き 英で医薬品、ソフトウエア、自動車などに買い
17:07 アジア株市況−底堅い 上海総合は国債格付け引き下げを嫌気も持ち直す
16:31 ポンドが小幅高、ドル円は111円後半
16:29 日経平均サポート&レジスタンス−ともに5/17に空けたマドを埋め戻せるか
16:17 浙江海越、天津の石油販売会社を10億元で買収へ
15:15 ドル円一時112円台復帰も、FOMC議事録待ちで伸び悩む
15:10 先物・OP市況−業種別ランキング(東証1部) 大引けはその他製品が最上位
15:08 ペトロチャイナと中国アルミが戦略提携
15:05 後場コメント No.4 富士製薬、エンジャパン、セガサミー
15:05 後場コメント No.3 亀田製菓、ぐるなび、セリア、SBI、じげん、芙蓉リースなど
15:05 後場コメント No.2 アスクル、関西電、パナソニック、サンリオ、アズジェント、SC…
15:05 後場コメント No.1  SOMPO、NTTドコモ、ダイキン、アルパイン、旭硝子など
14:24 空売り比率ランキング上位20銘柄(5月24日)
14:23 芙蓉総合リース−小幅高 SAP ERP活用リース利用企業向け資産管理サービスの提供開始
14:22 米決算発表予定(5/23-5/26)−今晩はティファニー、ロウズ、HPなど
14:16 日本ビューホテル−底堅い オリコと提携 電子決済サービス「アリペイ」導入
14:14 〔Market Flash〕17・18年度の成長率見通しを上方修正、19年度は潜在成長率並み〜野村
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次へ 


マーケットの話題
東京市場 日本株トップページ
ドル円との連動性が一段と強まる、あすは為替の方向を占う重要日 (5/24)
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1427/値下がり466と買いが優勢。大口受注を発表したVテクノロジーが急伸。任天堂は3%超の上昇で連日で年初来高値を更新した。…

【全文表示】

日経平均は反発 日本電産や東京エレ… (5/24)
日経平均は伸び悩み 任天堂が連日で… (5/24)
円高一服に安心感、全面高の展開か (5/24)

ニューヨーク市場 米国株トップページ
NY市場概況−4日続伸 金融を筆頭に10業種が上昇 (5/24)
 23日のNY株式相場は4日続伸。債券利回りの上昇を背景に金融株が上昇したほか、ヘルスケア、公益、資本財などS&P500の11業種中10業種が上昇した。一方、唯一下…

【全文表示】

香港・上海市場 中国株トップページ
香港大引け:4営業日続伸、方向感乏しい展開 終盤に切り返す (5/24)
 24日の香港株式市場でハンセン指数は4営業日続伸。終値は前日比0.10%高の25428.50ポイントだった。H株指数は0.04%安の10390.87ポイント。メインボードの売買…

【全文表示】

本土大引け:3日ぶり反発、引け際に… (5/24)
香港前引け:4日ぶり反落、中国国債… (5/24)
本土前引け:3日続落、中国の格付け… (5/24)
外国為替市場 外国為替トップページ
東京為替サマリー(24日) (5/24)
東京午前=クロス円 強含みでスタートも伸び悩み …

【全文表示】

LDN午前=ドル円111円後半、FOMC議事… (5/24)
東京午後=豪ドルの上値の重さが目立… (5/24)
東京午前=クロス円 強含みでスター… (5/24)
注目コンテンツ
ニュースランキング
1 LDN序盤まとめ=ドル円、112円台に定着できず
2 決算寸評:中国動向の16年12月本決算、減損剥落や実効税率の低下で8%増益
3 後場コメント No.2 アスクル、関西電、パナソニック、サンリオ、アズジェント、SCSKなど
4 後場コメント No.1  SOMPO、NTTドコモ、ダイキン、アルパイン、旭硝子など
5 後場コメント No.4 富士製薬、エンジャパン、セガサミー
マーケットデータ
終値
日経平均 19,742.98 +129.70
日経平均先物 19,740 +100
TOPIX 1,575.11 +9.89
TOPIX先物 1,574.50 +6.50
東証2部指数 5,957.13 +24.73
JASDAQ 3,147.14 +19.27
マザーズ 1,088.10 +10.22
ドル/円 111.94 +0.16
ユーロ/円 125.07 +0.06
10年国債 0.05 0.00
2年国債 -0.16 0.00
5月24日 15:17 更新
出来高
東証1部 1728230 2222666
東証2部 83800 31910
5月24日 15:17 更新



トレーダーズ・コンパス
トレンドを探る 5/24
移動平均
パラボリック
H&L転換
ポイント&フィギュア
総合判定
買われ過ぎ・売られ過ぎを探る 5/24
RSI 38.57
ストキャスティクス 86.79
騰落レシオ 164.60
乖離率 +0.49%
総合判定 買われ過ぎ
判断基準 ≫
 
会員サービス 『 トレーダーズ・プレミアム 』 のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら

【無料メルマガ】 『 日刊 トレーダーズ 』 のご案内
当サイト人気情報の 『明日の戦略』 や、市場が注目した銘柄に関するニュースを毎夕メールでお届けしています!
≫ 詳細はこちら