後場コメント No.3 コア、コメダ、セレス、ラオックス、コーエーテクモ、ビジョナル

2022/01/26(水) 15:01
★13:16  コア-後場上げ幅拡大 みちびきCLAS対応のセンチメータ精度測位受信機を発売
 コア<2359.T>が後場上げ幅拡大。同社は26日11時30分、みちびきCLAS対応小型GNSSモジュール「mosaic-CLAS」を使用した、みちびきCLAS対応センチメータ精度測位受信機「Cohac∞ Ten(コハクインフィニティ テン)」の販売を開始すると発表した。

 基地局やネットワークがいらないため利用可能な場所が拡大すること、小型軽量化により機器へ搭載しやすく携帯性が向上したことなどが特徴だとしている。

★13:29  コメダ-SMBC日興が新規に「アウトパフォーム」 伸びシロノワール安定成長企業
 コメダホールディングス<3543.T>が反発。SMBC日興証券では、新型コロナ、原料高、人手不足にも影響されにくいビジネスモデルに注目。投資評価を新規に「1(アウトパフォーム)」とし、目標株価は2900円に設定した。

 店舗の95%以上がフランチャイズ展開で基本的に店舗の固定費は負担していない。ロイヤルティ収入は席数に連動するなどストック要素が強く、ビジネスモデルの安定性が高い設計になっている。同社にとって新型コロナは、都市部を中心に他社の退店跡の増加を通じて出店に追い風と考えられるとSMBC日興では指摘している。また、18年に進出した台湾で順調に業績を伸ばしており、他の地域でも同様に成功事例が確認されれば、海外展開が評価されてバリュエーションが上昇する可能性があるとみている。

★13:32  セレス-大幅高 ビットバンクが暗号資産メイカーの新規取扱いを開始
 セレス<3696.T>が大幅高。同社は25日、持分法適用関連会社であるビットバンクが、暗号資産取引所ビットバンクにおいて、暗号資産メイカー(MKR)の新規取扱いを同日より開始すると発表した。暗号資産取引所でのメイカー(MKR)の取り扱いは国内で初めてとしている。

★13:33  ラオックス-後場プラス転換 ジェットスターとコラボ アジアコスメ専門店で共同イベント
 ラオックス<8202.T>が後場プラス転換。同社は26日13時、ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)と初のコラボレーションを行い、空港モチーフのアジアコスメ専門店「LAOX BEAUTY AIRPORT」 で、アジアコスメと空旅をテーマにした共同イベントを開催すると発表した。

 「LAOX BEAUTY AIRPORT」は、空港をイメージさせる店内に、韓国・中国・タイ、台湾からセレクトした100ブランド、1200アイテム以上のアジアコスメを取りそろえている。「お客様のコスメ・ビューティーの旅路の場所」がコンセプトだとしている。

★13:47  コーエーテクモ-野村が「Buy」で再開 大型タイトルをフックとしたコラボ展開拡大に期待
 コーエーテクモホールディングス<3635.T>が大幅高。野村証券では、大型タイトルをフックとしたコラボ展開拡大に期待。投資判断「Buy」で再開、目標株価は5600円に設定した。

 これまで無双シリーズでのコラボ展開を中心に手掛けてきたが、今後は「仁王」やモバイルゲームもラインナップに加えられるとみられ、さらなる拡大に期待ができる局面と野村では考えている。また、21年10月の公式番組配信では大型タイトルの実績が多いTeamNINJAにおいて三國志のアクションゲームを制作中との言及があり、大型タイトルの一つとして注目。23.3期中の発売を予想している。こうした大型タイトルはさらなるコラボ展開にも期待でき、中長期の利益成長を支えると考えている。


★13:49  ビジョナル-大幅反発 エコミックが人材管理システム導入
 ビジョナル<4194.T>が大幅反発。同社グループのビズリーチは26日、エコミック<3802.T>が人材管理システム「HRMOSタレントマネジメント」を導入したと発表した。

 エコミックは、「HRMOSタレントマネジメント」を導入することで、従業員情報の管理や各種申請の処理などの、人事業務のデジタル化に取り組んだ。これにより、今まで紙で行っていた申請や人事部門が行っていた入力業務が削減され、人事管理業務で年間220時間以上の工数を削減できる見込みだとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 26,781.68 +176.84
TOPIX 1,887.30 +9.72
マザーズ 645.11 -2.14
NYダウ 32,637.19 +516.91
ナスダック総合 11,740.65 +305.91
ドル/円 127.04 -0.06
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ