後場コメント No.2 応化工、伊藤忠、エーザイ、KNTCT、Lドリンク、サンリオ

2022/05/27(金) 15:00
★12:46  東京応化工業-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 22/12期以降の営業利益予想を増額
 東京応化工業<4186.T>が続落。三菱UFJモルガンスタンレー証券では、1Q実績を踏まえ、22/12期以降の営業利益予想を増額。レーティングは「Neutral」を継続、目標株価は9500円→9900円に引き上げた。

 EUVフォトレジストが将来の牽引役になるというエクイティストーリーに変化はないとしながらも、現状ではまだ売上規模が小さいと指摘。営業利益予想の増額は、22/12期1Q(1~3月)実績を反映したことによるという。1Qは高純度化学薬品やg/i線フォトレジストが従来予想以上に好調だったと指摘。22/12期営業利益については260億円(YoY+26%)と、Bloombergコンセンサス266億円並みを予想している。

★12:47  伊藤忠商事-底堅い アラブ国営航空と石油代替航空燃料の販売契約締結
 伊藤忠商事<8001.T>が底堅い。同社は27日、アラブ首長国連邦(UAE)の国営航空会社であるEtihad Airways(以下、ETIHAD航空)と、Neste(フィンランド)が生産する持続可能な石油代替航空燃料(Sustainable Aviation Fuel:SAF)の販売契約を締結したと発表した。

 日本を発着する海外航空会社としては初めてのSAF供給になる。ETIHAD航空には成田国際空港で、航空機渡し条件でのSAF供給を6月から行うとしている。

★12:55  エーザイ-4日ぶり反発 メコバラミン高用量製剤が希少疾病用医薬品に指定
 エーザイ<4523.T>が4日ぶり反発。同社は27日、メコバラミンの高用量製剤について、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態および機能障害の進行抑制を予定される効能または効果として、厚生労働省より希少疾病用医薬品に指定されたと発表した。

 高用量メコバラミンについては良好な臨床試験結果が得られており、今後は日本におけるALSに対する新薬承認申請に向けた作業を開始し、2023年度中の新薬承認申請を予定するとしている。

★12:58  KNT-CT-3日続伸 海外ツアー販売を本格再開
 KNT-CTホールディングス<9726.T>が3日続伸。同社は27日、5月26日付の感染症危険レベルの引き下げ(世界36か国がレベル1に引き下げ)、および日本帰国時の水際対策の緩和を受け、世界30カ国における添乗員同行・募集型企画旅行(パッケージツアー)の海外ツアーについて、本格的に販売を再開すると発表した。

 渡航先は、感染症レベルの引き下げを受けたスペイン・イギリス・カナダなどを中心に、現地下見、または現地駐在スタッフの最新情報を通じ、安全の確認がとれた国に限定し、感染のリスクをさげるため「1カ国周遊」のツアーを中心に販売するとしている。

★12:59  Lドリンク-SMBC日興が目標株価引き上げ 飲料業界の値上げの波に乗れれば恩恵は大きい
 ライフドリンクカンパニー<2585.T>が堅調。SMBC日興証券では、飲料業界の値上げの波に乗れれば恩恵は大きいと指摘。投資評価は「1(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は1700円から2000円に引き上げた。

 業績予想を上方修正。国内PET飲料に特化しており、飲料業界では今回の値上げ影響を最も受けやすい立場にあると考えている。製品や物流の構造から川上インフレの影響も限定的、値上げが利益に歩留まりやすいと予想している。今後の増産体制の構築にも注目している。

★13:06  サンリオ-大幅続伸 エイベックスがサウジ祭典にアニメ施設 サンリオショップも出店=日経
 サンリオ<8136.T>が大幅続伸。日本経済新聞電子版は27日、エイベックス<7860.T>が同社やアニメ関連企業と連携し、サウジアラビアで「鬼滅の刃」や「進撃の巨人」など12作品の体験型施設を7月2日まで出展すると報じた。

 記事によれば、エイベックスが、サウジの第二の都市ジェッダで2日から開催されているイベント「ジェッダ・シーズン2022」に体験型施設「アニメビレッジ」を開設。サンリオショップも出店したとしている。エイベックスも高い。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 26,153.81 +218.19
TOPIX 1,869.71 +24.67
マザーズ 654.10 +7.81
NYダウ 31,097.26 +321.83
ナスダック総合 11,127.85 +99.11
ドル/円 135.33 +0.10
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ