国内の個別経済指標

現状判断DI
  • タクシー運転手など景気の動きを肌で感じている人々の約二千人を対象とした聞き取り調査であり、別名「街角景気指数」ともいう。 景気の現状と先行きについて、それぞれ3ヶ月前と比べて「良い」から「悪い」までを5段階で判断し、その結果がDI(ディフュージョン・インデックス)として指数化される。
  • DIが50なら横ばい、50より上で改善、50より下で悪化。
  • 調査が毎月25日から月末までの期間で実施され、翌月の前半に公表されることから、景気の動向を即座につかむことが出来る。
ソース:内閣府「景気ウォッチャー調査」
発表時期:翌月10日ごろ
単位:-
2024年
01月
47.4
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2023年
01月
46.5
02月
51.0
03月
55.2
04月
55.7
05月
54.5
06月
53.6
07月
54.1
08月
52.8
09月
50.4
10月
49.9
11月
49.8
12月
50.9
マーケットデータ
日経平均 39,098.68 +836.52
TOPIX 2,660.71 +33.41
グロース250 742.11 -3.24
NYダウ 39,069.11 +456.87
ナスダック総合 16,041.62 +460.75
ドル/円 150.47 -0.07
市場スケジュール
天皇誕生日
独2月IFO企業景況感指数(18:00)
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ