前場コメント No.3 TBグループ、因幡電産、BEENOS、TVE、デンソー、三住建設

2021/11/30(火) 11:37
★9:05  TBグループ-買い気配 子会社設立 新規事業に参入
 TBグループ<6775.T>が買い気配。同社は29日、新たな事業の開始にあたり、100%子会社のスマートヘルスネットを設立したと発表した。

 新会社では、病院から在宅医療に至るまで患者・家族のQOL向上、医療機関の質的向上と効率化を支援する電子デバイス(特許取得)の供給とIoT技術を活用した当該デバイスのネットワーク化によるさまざまなサービスおよびコンテンツの総合的な提供事業を推進し、周辺事業も取込み事業領域の拡大をめざすとしている。

★9:05  因幡電機-3日ぶり反発 55万株・15億円を上限に自社株買い 24.3期までに計50億円株主還元へ
 因幡電機産業<9934.T>が3日ぶり反発。同社は29日、55万株・15億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は2021年12月6日~2022年1月12日。上限株数を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は0.9%となる。

 今後の株主還元方針として、特別配当や自己株式の取得を、24.3期までの3期累計で50億円程度をめどとして実施する方針を決定したことも発表した。

★9:06  BEENOS-大幅高 20万株・5億円を上限に自社株買い 割合は1.6%
 BEENOS<3328.T>が大幅高。同社は29日、20万株・5億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は11月30日~2022年1月31日。なお、上限株数を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は1.6%となる。

★9:07  TVE-買い気配 今期営業益を上方修正 太陽電業が連結寄与
 TVE<6466.T>が買い気配。同社は29日、22.9期通期の連結営業利益予想を従来の4.0億円から5.0億円(前期比28.2%減)に引き上げると発表した。

 同日付で太陽電業(東京都大田区)の株式を取得し、子会社化したことから、前回予想を上回る見通し。

★9:11  デンソー-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 利益成長の加速に向け死角が見い出せない
 デンソー<6902.T>が反発。三菱UFJモルガンスタンレー証券では、利益成長の加速に向け死角が見い出せないと指摘。レーティングは「Overweight」を継続、目標株価は10000円→11000円に引き上げた。

 「全方位対応による一段高い成長ステージ入り」という強気シナリオを継続。中長期の利益成長ペースは一段加速するとみており、株価は上昇しているが更なる上昇余地があると考えている。予想営業利益は、22/3期4400億円(従来比650億円増:会社計画4400億円)。従来予想対比では、素材費上昇はあるも、来期以降を含め拡販進展などを考慮したことが大きいという。営業利益率は10%強と中計目標を2年前倒しで達成と予想。外部環境の悪化以外に死角が見い出せなくなっているとみており、この点も安心材料とした。

★9:13  三井住友建設-大幅高 シティインデックスイレブンスが大株主に浮上 保有割合は5.17%
 三井住友建設<1821.T>が大幅高。同社株について、シティインデックスイレブンスが大株主に浮上した。29日受付分の大量保有報告書(5%ルール)で判明した。保有割合は5.17%となっている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 26,781.68 +176.84
TOPIX 1,887.30 +9.72
マザーズ 645.11 -2.14
NYダウ 32,637.19 +516.91
ナスダック総合 11,740.65 +305.91
ドル/円 127.04 -0.06
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ