後場コメント No.2 太陽誘電、タクマ、NEC、CTC、Aiming、清水建

2022/04/25(月) 15:01
★12:53  太陽誘電-CSが目標株価引き上げ MLCCの値下がりペース低下による業績モメンタム加速を予想
 太陽誘電<6976.T>が小幅安。クレディスイス証券では、MLCCの値下がりペース低下による業績モメンタム加速を予想。投資評価は「Outperform」を継続し、目標株価は6700円から7580円に引き上げた。

 予想の営業利益を22/3期530億円から656億円(IBESコンセンサス651億円)、23/3期618億円から779億円(同701億円)、24/3期721 億円から917億円へ上方修正。22/3期の業績上振れに加え、23/3期以降は為替前提として1ドル=123円を採用。また、主力のMLCCについては自動車向けを中心とした拡大に加え、同一製品の値下がりペースの低下が収益モメンタムを加速させると予想。MLCCの同一製品の価格下落については、21年後半の在庫調整局面でも安定的に推移しており、自動車向け需要の増加が早くも全体需給に影響し始めている可能性が出ているとコメントしている。

★12:53  タクマ-3日続伸 本社ビルと播磨工場を再エネ100%電力に
 タクマ<6013.T>が3日続伸。同社は25日、本社ビルおよび播磨工場に実質再生可能エネルギー100%の電力を導入したと発表した。この電力はグループ会社のタクマエナジーが供給し、これにより、同社の本支店・工場におけるCO2排出量を年間で約1565トン削減するとしている。

★12:55  NEC-底堅い 東北大からスーパーコンピュータによる大規模クラウドサービス受注
 NEC<6701.T>が底堅い。同社は25日、東北大学サイバーサイエンスセンターからベクトル型スーパーコンピュータによる大規模クラウドサービスを受注したと発表した。

 東北大学は、全国の研究者や企業に対して既に提供しているスーパーコンピュータAOBAのサービスと本サービスを組み合わせて、2022年10月から新たに運用を開始する予定としている。

★13:01  CTC-底堅い 福岡県直方市とMaaSおよびオンデマンド交通の実証実験実施
 伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>が底堅い。同社は25日、福岡県直方市と、予約制の乗合タクシーと経路検索システムを組み合わせたオンデマンド交通によるMaaS(Mobility as a Service)の実証実験を実施すると発表した。

 経路検索では、鉄道、バス、オンデマンド交通を組み合わせた経路検索を実施し、予約制乗合タクシーでは上頓野全域、畑・永満寺全域それぞれの区域にて自由に乗降場所を設定できることなどが特徴だという。AIを活用した運行経路設定も行い、アプリ・電話を通じた利用者からの予約状況に応じて、AIが最適経路を随時更新しながら運行するとしている。

★13:06  Aiming-4日ぶり反発 スマホ向けゲーム「キャラスト 魔法学園」サービス開始
 Aiming<3911.T>が4日ぶり反発。同社は25日13時に、スマートフォン向けゲーム「キャラスト 魔法学園」サービスを開始したと発表した。「キャラスト 魔法学園」は、同社が開発・運営をしている「CARAVAN STORIES」の現在から8年前の世界を舞台にしたスピンオフタイトルとなっている。

★13:09  清水建設-後場急落 前期営業益予想を下方修正 資材価格高騰など響く
 清水建設<1803.T>が後場急落。同社は25日13時に、22.3期通期の連結営業利益予想を従来の765億円から451億円(前期比55.0%減)に下方修正すると発表した。市場コンセンサスは810億円。

 2018年以降に受注した国内の複数大型建築工事において、VE提案が当初の想定どおりに採用されず、さらに資材価格が高騰しスケールメリットを生かした調達コストの圧縮が見込めなくなった。着工遅れや構造変更の影響などから工程がひっ迫し、工程促進のための費用が発生したことや、海外子会社において新型コロナウィルス感染拡大の影響などにより工事採算が悪化したことなども響く。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 28,871.78 +324.80
TOPIX 1,984.96 +11.78
マザーズ 730.59 +4.32
NYダウ 33,761.05 +424.38
ナスダック総合 13,047.19 +267.27
ドル/円 133.30 -0.15
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ