後場コメント No.2 ガンホー、エフアンドエム、リゾートトラス、守谷輸送機、有機薬、日ロジテム

2022/05/16(月) 15:01
★12:52  ガンホー-急落 1Q営業益29%減 販管費率上昇など響く
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が急落。同社は13日、22.12期1Q(1-3月)の連結営業利益は75.1億円(前年同期比29.0%減)だったと発表した。

 パズドラ10周年記念イベントによりゲーム内アイテム「魔法石」を大量に配布したこともあり、売り上げが減少した。販管費率の上昇も響いた。

★12:58  エフアンドエム-ストップ高買い気配 今期営業益19%増見込む 前期は84%増
 エフアンドエム<4771.T>がストップ高買い気配。同社は13日、23.3期通期の連結営業利益予想を26.8億円(前期比19.4%増)だと発表した。

 ストック型ビジネスの強みを最大化させつつ、新たな営業チャネルやマーケティング手法の確立により、新たな成長軌道の基盤作りの取り組みを継続するとしている。

 22.3期の連結営業利益は22.4億円(前の期比84.0%増)だった。コンサルティング事業において、補助金受給申請支援などが堅調だったことが寄与した。

★13:07  リゾートトラスト-急落 今期経常益21%減見込む 前期は計画上回る
 リゾートトラスト<4681.T>が急落。同社は13日、23.3期通期の連結経常利益予想を88億円(前期比20.9%減)、年間配当予想を40円(前期は30円)にすると発表した。市場コンセンサスは125億円。

 過去最高となったホテル会員権契約高が1割程度減少する想定。助成金収入がなくなることなども響く。

 22.3期通期の連結経常利益は111億円(前の期比37.0%減)だった。会社計画96億円を上回った。会員権販売やホテル稼働が想定を上回って推移したことが寄与したが、前の期に計上した不動産収益の一括収益の反動もあり減益となった。

★13:10  守谷輸送機-ストップ安売り気配 今期営業益4%減 前期は18億円
 守谷輸送機工業<6226.T>がストップ安売り気配。同社は13日、23.3期通期の連結営業利益予想を17.5億円(前期比3.8%減)だと発表した。

 鋼材価格が上昇しているほか、その他の部材や物流運搬費にも上昇圧力が強まっていることから、減益を計画している。

 22.3期の連結営業利益は18.2億円(前の期は16.9億円)だった。なお、同社は前期より収益認識に関する会計基準を適用しており、対前期増減率については記載していない。

★13:11  有機薬-後場急騰 今期営業益55%増見込む 前期は計画上回る
 有機合成薬品工業<4531.T>が後場急騰。同社は16日13時、23.3期通期の連結営業利益予想を6.4億円(前期比54.7%増)、年間配当予想を5円(前期は4円)にすると発表した。

 これまで取り組んできた製品の拡大販売活動が奏功し、アミノ酸関係、化成品関係の販売が伸びる予想としている。
 
 22.3期通期の連結営業利益は4.1億円(前の期比89.0%増)だった。会社計画3.6億円を上回った。従来予想と比べて売り上げが増加したほか、経費節減に取り組んだことも寄与した。併せて、期末配当を従来予想の3円に対し4円(21.3期末は4円)に決定したことも発表した。

★13:29  日本ロジテム-後場プラス転換 今期営業益26%増見込む 前期は22%増
 日本ロジテム<9060.T>が後場プラス転換。同社は16日13時、23.3期通期の連結営業利益予想を13.0億円(前期比26.3%増)だと発表した。

 前期に開設した拠点の通期稼働に加えて、2022年4月開設の「上尾営業所」(埼玉県上尾市)をはじめとした新設拠点が稼働を開始することから、増益を計画している。

 22.3期の連結営業利益は10.3億円(前の期比21.8%増)だった。貨物自動車運送事業において、通関関連需要が拡大した。センター事業も好調だった。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 28,871.78 +324.80
TOPIX 1,984.96 +11.78
マザーズ 730.59 +4.32
NYダウ 33,761.05 +424.38
ナスダック総合 13,047.19 +267.27
ドル/円 133.30 -0.15
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ