前場コメント No.9 エイチワン、デクセリアルス、日立金、テリロジー

2022/05/20(金) 11:33
★11:15  エイチワン-反発 アルミホットスタンプ量産化に向け日立ハイテクと協業開始
 エイチワン<5989.T>が反発。同社は20日、日立製作所<6501.T>傘下の日立ハイテクと、リサイクル材料の活用が可能なアルミホットスタンプ部品の量産化に向けて協業を開始すると発表した。

 アルミホットスタンプは、アルミスクラップなどの再生原料に由来する化学成分や不純物含有量の多いリサイクル材料でも高い成形性が得られる。このため、幅広い用途への採用が期待されることに加え、廃棄物を最大限に再資源化・再利用できると同時に、アルミ板の製造に必要なCO2排出量も削減することができるという。今回の協業により、2023年度中に量産供給開始をめざすとしている。

★11:17  デクセリアルズ-岩井コスモが目標株価引き上げ 主力製品好調で成長が継続
 デクセリアルズ<4980.T>が変わらず挟み4日続伸。岩井コスモ証券では、主力製品好調で成長が継続と判断。投資判断「A」を継続、目標株価を3430円→4500円と引き上げた。

 光学フィルムや異方性導電膜など主力製品の採用がタブレットやノートパソコンから車載インパネへと広がり、また、新製品蛍光体フィルムのノートパソコン新モデルへの採用で、前期営業利益が約2.3倍と大幅増益となった。今期も、2ケタ増益と力強い収益モメンタムが続く見通し。新製品の伸長や車載向け拡販が寄与する見込み。半導体不足や地政学的リスクは注視が必要だが、中期的な成長局面に入ったことを評価したいとしている。

★11:22  日立金属-3日続伸 コバルト使用料を削減した正極材技術を開発
 日立金属<5486.T>が3日続伸。同社は19日、正極材でのコバルト(Co)使用量を削減しても、リチウムイオン電池(LIB)の長寿命化、高容量化を両立できる技術を開発したと発表した。同技術により、コバルト原料由来の温室効果ガス(GHG)の排出量削減が可能だとしている。

★11:26  テリロジー-急騰 多言語映像通訳サービス「みえる通訳」が日光市に採用
 テリロジー<3356.T>が急騰。同社は20日、子会社のテリロジーサービスウェアが開発および販売を行う多言語映像通訳サービス「みえる通訳」について、NTT<9432.T>傘下の東日本電信電話と連携し、日光市に採用されたと発表した。4月よりサービスを開始したとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 28,871.78 +324.80
TOPIX 1,984.96 +11.78
マザーズ 730.59 +4.32
NYダウ 33,761.05 +424.38
ナスダック総合 13,047.19 +267.27
ドル/円 133.30 -0.15
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ