セレンディップ-後場下げ幅縮小 鈴与商事とデジタルツールを活用した製造現場改善で協業開始

2023/12/07(木) 14:11
 セレンディップ・ホールディングス<7318.T>が後場下げ幅縮小。同社は7日14時に、鈴与商事(静岡県静岡市)と、人の行動を変革するマネジメントツール HiConnex(ハイコネックス)をはじめとしたデジタルツールを活用した現場改善支援(KX:KaizenTransformation)で協業すると発表した。  両社の顧客基盤に対して、中堅・中小製造業のスマートファクトリー実現に向け、両社が持つデジタルツール・自動化省人化ツールを提供していく。特に両社は、製造業の集積地である東海地区に本社・営業拠点を置き、同地域に根付いた活動をしている。その基盤を活かし、まずは東海地区を中心に活動を広げていくとしている。
関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,323.68 +225.00
TOPIX 2,681.28 +20.57
グロース250 765.53 +23.42
NYダウ 39,131.53 +62.42
ナスダック総合 15,996.82 -44.80
ドル/円 150.49 -0.02
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ