トヨタ-3日ぶり反落 米長期金利低下し円高進行 自動車株に売り

2024/05/16(木) 09:50
 トヨタ自動車<7203.T>が3日ぶり反落。為替市場において、円高が進行していることから自動車株が売られている。  前日の米国市場では、注目された米4月消費者物価指数(CPI)などが市場予想を下回ったことで、年内の利下げ期待が強まった。長期金利は4.3%台に低下し、日米金利差の縮小から円高が進行。足元では153円台を付ける場面もあった。  円安の恩恵が大きい自動車株が軟調に推移しており、三菱自動車<7211.T>、日産自動車<7201.T>、ホンダ<7267.T>など関連株が軒並み下落している。なお、自動車大手各社は、今期の想定為替レートを1ドル140円~145円の間で設定している。
関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 38,855.37 -44.65
TOPIX 2,768.50 +2.14
グロース250 619.06 +5.52
NYダウ 39,069.59 +4.33
ナスダック総合 16,920.80 +184.76
ドル/円 156.76 -0.13
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ