DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
【注意事項】
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止は こちら をクリック。
【入力フォーム】
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
インフォメーション
新コラム「第1金曜日は米雇用統計に注目しよう」を追加
毎月第1金曜日に発表される米「雇用統計」は株式市場に与える影響が大きく、発表日近辺が相場の転換点となることも多いので、この機会に復習しておきましょう!
≫「第1金曜日は米雇用統計に注目しよう」はこちら

新コラム「低PER銘柄=お買い得ではない」を追加!
株が「お買い得」かどうかをチェックするときに人気のPERですが、低いからといって必ずしも「買って安心」というわけではありません。そんなPERに内在する「リスク」や「注意点」について考察しております。
≫「低PER銘柄=お買い得」ではないはこちら

緊急事態宣言に伴う当社のサービスについて
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

日本株アナリストを募集中
日本株情報のプロとして、個別株や株式市場全般に関する材料・分析コメントを作成・配信するお仕事です。
≫募集の詳細はこちら

会員サービス『 トレーダーズ・プレミアム 』のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら
マーケットの話題 [ 印刷 ]
明日の戦略
12/2 16:52
不安定ながらもプラスを確保、雇用指標を受けた米国株の反応に注目
 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1158/値下がり934。証券会社のリポートを手掛かりに、ホンダやフジクラが急伸。米長期金利の上昇を受けて三井住友や三菱UFJなど銀行株に資金が向かった。JR西日本やHISなど、レジャー株の一角が強い上昇。高島屋や松屋など百貨店株にも見直し買いが入った。上方修正を発表したロック・フィールドや、通期の最終黒字見通しを発表したHAPiNSが急伸。1:4の株式分割を発表しているみらいワークスが、連日のストップ高比例配分と騰勢を強めた。

 一方、ソニーや日本電産が軟調。リクルートはファイナンスを嫌気した売りが続き、4%を超える下落となった。下方修正を発表した伊藤園が大幅安。上方修正を発表した西松屋チェーンは、買い先行から失速して下げに転じた。同社やワークマンなど業績好調小売株のリリースに対する反応が弱かったことから、神戸物産が警戒売りに押される展開。ユーロ円建てCBの発行が嫌気されたリログループが大きく売られた。

 日経平均は続伸。上値が重いという印象は強かったが、高く始まって値を消しただけで、連日で年初来高値を更新した。短期的な過熱感はあるものの、「弱気の売り」は短い期間で吸収し、大きな押しを作ることなく上昇が続いている。目先で売りを急がせる材料があるとすれば、週末の米雇用統計が挙げられる。今晩、米国ではADP全米雇用リポートの発表があり、この結果が米国株の売り材料になるようだと、週末を前に利益確定売りが強めに出てくる可能性があり要注意。ただ現状では、市場の注目は経済指標よりも、ワクチンの開発動向や欧米中央銀行の追加緩和に向けられていると思われる。今晩の米国株が崩れさえしなければ、週末に向けても過度な警戒は高まらず、上昇トレンドが続くと予想する。




後場概況
12/2 15:28
日経平均は小幅続伸 そーせいが大幅上昇
 2日の日経平均は小幅続伸。終値は13円高の26800円。米国株の上昇を受けて買いが先行。しかし、早々に失速して下げに転じると、前場ではマイナス圏での時間が長く続いた。ただ、下げても大きくは崩れず、値上がり銘柄も多かったことから、後場はスタートからプラス転換。上げても上値追いには慎重で、終盤には再び下げに転じる場面もあったが、押したところでは買いが入り、大引けでは小幅ながらプラスを確保した。

 東証1部の売買代金は概算で3兆0700億円。業種別ではゴム製品や非鉄金属、海運などが上昇している一方、サービスや鉱業、その他製品などが下落している。バイオ医薬品企業との研究開発提携およびライセンス契約の締結を発表したそーせいグループが大幅上昇。半面、月次の伸び鈍化が嫌気されたワークマンが大幅安となった。

前場概況
12/2 11:40
日経平均は反落 ホンダが大幅上昇
 2日前場の日経平均は反落。前引けは31円安の26756円。米国株高を受けて100円近く上げて始まったものの、寄り付き直後を高値に失速。すぐに下げに転じると、しばらくは前日終値近辺でもみ合った。しかし、開始1時間後くらいからは上値の重さが意識されて売りに勢いが傾き、マイナス圏が定着。ただ、前引けにかけては持ち直す動きも見られた。TOPIXはしっかりで、上昇スタートから下げに転じることなく、プラス圏を維持している。

 東証1部の売買代金は概算で1兆2200億円。業種別ではゴム製品や非鉄金属、海運などが上昇している一方、サービスや鉱業、情報・通信などが下落している。証券会社が目標株価を引き上げたホンダが大幅上昇。半面、西松屋チェーンは上方修正を発表して高く始まったが、買いが続かずマイナス転換。利益確定売りに押されて下げ幅を広げている。

今日の株式見通し
12/2 7:48
堅調か ワクチン期待を背景に米国株の高値更新基調が続く
 東京市場は堅調か。米国株は上昇。ダウ平均は185ドル高の29823ドルで取引を終えた。ファイザーとモデルナのコロナワクチン使用許可申請を受けて、ワクチン早期普及への期待が高まった。アップルやフェイスブックが3%超上昇するなど、主力グロース株が強く、S&P500とナスダックが史上最高値を更新した。ドル円は足元で104円30銭近辺で推移している。CME225先物は大証日中終値と比べて115円高の26915円、ドル建てが110円高の26910円で取引を終えた。

 米国株の上昇を好感した買いが入ると予想する。ワクチンに関する話はきのうの東京市場でも織り込んではいるが、CME225先物は上昇スタートを示唆している。米国株の高値更新基調が続いており、売りが手控えられる中で楽観ムードが維持されるとみる。日経平均もきのう年初来高値を更新しており、好地合いの中で節目の27000円を意識する展開となるだろう。日経平均の予想レンジは26800円-27100円。