後場コメント No.5 大成建、住友林

2024/05/28(火) 15:01
★14:24  大成建設-大幅に4日続伸 ドリルジャンボを用いた湧水圧測定技術を開発
 大成建設<1801.T>が大幅に4日続伸。同社は28日、山岳トンネル工事を施工中に切羽前方の湧水圧をドリルジャンボ(山岳トンネル工事において発破掘削の装薬や補強材となるロックボルト打設などのために削孔を行う掘削機械)を用いて安全かつ容易に測定できる技術「T-DrillPacker Jumbo」を開発したと発表した。
 
 同技術は、山岳トンネル工事で使用するドリルジャンボを効果的に活用したもので、専用ボーリングマシンの導入が不要になるとともに、人力を必要としていた湧水圧測定に関わる作業が大幅に軽減され、安全性と作業性が向上するとしている。

★14:33  住友林業-底堅い 木造人工衛星が完成 9月打ち上げへ
 住友林業<1911.T>が底堅い。同社は28日、京都大学と共同で2020年4月より取り組んできた「宇宙木材プロジェクト(LignoStella Project)」において、約4年かけて開発した木造人工衛星「LignoSat」が完成したと発表した。

 6月4日にJAXA(宇宙航空研究開発機構)へ引き渡す予定。完成した木造人工衛星は1辺が100ミリメートル角のキューブサットと呼ばれる超小型の衛星となる。宇宙空間での運用に向け今年9月に、ケネディ宇宙センターから打ち上げ予定のスペースXのロケットに搭載し、国際宇宙ステーション(ISS)に移送する。ISS到着から約1カ月後に「きぼう」日本実験棟より宇宙空間に放出される予定としている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 38,405.30 +302.86
TOPIX 2,711.91 +11.90
グロース250 634.00 -4.23
NYダウ 38,778.10 +188.94
ナスダック総合 17,857.02 +168.14
ドル/円 157.65 -0.09
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ