コマツ-反発 ZMPに出資し建機完全無人化へ

2015/02/12(木) 09:05
 小松製作所<6301.T>が反発。12日付「日経新聞」では、自動運転車両やロボットなどを開発するベンチャー企業ZMP(東京都文京区)に出資し技術を取り込み、次世代建機を実用化すると報じた。市場のZMPへの関心は高く、買いを集めている。  ZMPは画像認識やセンサーなどの技術に優れ、名古屋大学と公道実験に乗り出すなど自動運転車両の開発を進めている。同社のZMPへの出資額は数億円で出資比率は5%未満とみられる。建機や鉱山機械の自動運転や無人化技術の研究開発などで協業し、同社が培ってきた建機の制御ノウハウと融合させ、無人建機の実現につなげると報じられている。
関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,523.55 +80.92
TOPIX 2,759.64 +12.68
グロース250 687.37 -4.73
NYダウ 37,983.24 -475.84
ナスダック総合 16,175.09 -267.10
ドル/円 153.31 +0.04
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ