IPO銘柄詳細

GMOフィナンシャルゲート

コード 市場 業種 売買単位 注目度
4051 マザーズ 情報・通信業 100株 A
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2020/06/26
ブックビルディング期間 2020/06/30 - 07/06
公開価格決定 2020/07/07
申込期間 2020/07/08 - 07/13
払込期日 2020/07/14
上場日 2020/07/15
価格情報
想定価格 2,420円
仮条件 2,420 - 2,540円
公開価格 2,540円
初値予想 5,950円
初値 6,550円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 杉山 憲太郎 (上場時41歳5カ月)/1979年生
本店所在地 東京都渋谷区道玄坂
設立年 1999年
従業員数 39人 (2020/04/30現在)(平均40.1歳、年収799万円)、連結51人
事業内容 クレジットカード、デビットカード、電子マネー、ポイントなどによる対面型決済を行う決済端末の提供および決済処理サービス
URL https://gmo-fg.com/
株主数 32人 (目論見書より)
資本金 1,173,309,000円 (2020/06/11現在)
上場時発行済株数 3,835,170株(別に潜在株式267,270株)
公開株数 516,100株(公募240,000株、売り出し208,800株、オーバーアロットメント67,300株)
調達資金使途 システムおよびサービス開発資金
連結会社 2社
シンジケート
公開株数448,800株(別に67,300株)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 大和 381,800 85.07%
引受証券 SMBC日興 40,300 8.98%
引受証券 みずほ 13,400 2.99%
引受証券 いちよし 8,900 1.98%
引受証券 丸三 4,400 0.98%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
GMOペイメントゲートウェイ(株) 親会社 2,332,590 60.39%
(株)ケイ・エム・シー 特別利害関係者など 225,000 5.83%
三菱UFJキャピタル3号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 217,380 5.63%
大和ベンチャー1号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 189,840 4.92%
豊山慶輔 特別利害関係者など 161,490 4.18%
高野明 取締役会長 126,900 3.29%
SMBCベンチャーキャピタル1号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 105,000 2.72%
みずほ成長支援投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 79,110 2.05%
SMBCベンチャーキャピタル3号投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 61,080 1.58%
倉田秀喜 子会社の代表取締役 50,100 1.30%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2020/09 連結中間実績 2,050 345 335 197
2020/09 連結予想 3,210 335 307 190
2019/09 連結実績 2,379 226 227 134
2018/09 連結実績 1,617 169 16 90
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2020/09 連結予想 52.37 925.46 0.00
参考類似企業
銘柄 今期予想PER6/19現
ウェルネット
28.7倍 (単独予想)
ビリングシス
104.5倍 (連結予想)
電算システム
21.6倍 (連結予想)
フライトHD
25.7倍 (連結予想)
GMOPG
139.2倍 (連結予想)
インテリW
29.4倍 (単独予想)
メタップス
- (連結予想)
事業詳細
 GMOペイメントゲートウェイの対面型決済子会社。親会社がオンライン決済を対象にするのに対し、リアル店舗を対象にしており、決済端末を介して物理カードによって決済するサービスを展開している。

 設立は1999年9月で、デビットカード(J-Debit)の通信・決済代行を手掛ける情報処理センターとして、NTTソフトウェアやデータアプリケーション、アイネス、メモレックス・テレックス(現兼松エレクトロニクス)から共同出資を受けた。その後2010年1月に現親会社が全株式を取得。16年9月に増資引き受けにより連結子会社化した。GMOグループ入り以降、祖業の決済センター事業から決済端末販売事業、アクワイアリング(加盟店契約業務)事業、高機能(マルチ)決済端末販売、組み込み型決済端末販売と業務領域を拡大してきた。

1.イニシャル(イニシャル売り上げ)
 スポット的にあるいは初回のみ売り上げ請求するものを区分している。加盟店が決済端末を導入する際、決済端末の代金や搭載アプリケーションのライセンス料、決済処理センターへの登録費用などの初期費用のほか、個別要望に応じた端末アプリケーションの開発・カスタマイズ費用、アライアンス事業者との接続費用・決済アプリケーションの開発費用などについて、加盟店や決済事業者に請求している。

2.ストック(固定費売り上げ)
 月額固定料金や台数単位で設定された通信料を区分している。

3.フィー(処理料売り上げ)
 決済処理サービスを提供している。決済件数に応じた対価やロール紙代金、またはヘルプデスクサービスの利用回数に応じた料金を決済事業者や加盟店に請求している。

4.スプレッド(加盟店売り上げ)
 決済代行サービスを提供している。加盟店と決済事業者との契約をまとめて締結し、加盟店への決済代金の入金を各決済事業者に代わって一括して請け負っている。決済金額に対して料率で課金する加盟店手数料や、加盟店の売上金額に応じた決済事業者からの取次手数料を区分している。

 2019年9月期の連結売上高構成比は、イニシャル51.0%、ストック14.3%、フィー6.7%、スプレッド28.0%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPOスケジュール
マーケットデータ
日経平均 39,523.55 +80.92
TOPIX 2,759.64 +12.68
グロース250 687.37 -4.73
NYダウ 37,983.24 -475.84
ナスダック総合 16,175.09 -267.10
ドル/円 153.31 +0.04
ページTOPへ