後場コメント No.4 帝国ホテル、新日建、三晃金

2021/09/30(木) 15:03
★14:20  帝国ホテル-後場上げ幅拡大 上期最終赤字41億円見込む 前年同期は75億円の赤字
 帝国ホテル<9708.T>が後場上げ幅拡大。同社は30日14時、従来未定としていた22.3期上期(4-9月)の連結純損益予想は41.0億円の赤字(前年同期は75.2億円の赤字)に、中間配当は無配(前年同期は無配)に決定すると発表した。

 緊急事態宣言が長期間続いたことで客室・食堂・宴会の本格的な回復にはならなかったこともあり、需要の見通しが極めて不透明で合理的な算定が困難であったが、現時点で入手可能な情報に基づき算出したとしている。

 大幅な赤字となったものの、業績悪化の底打ち感が出てきたこともあり、株価は今後の業績改善を期待した買いが優勢となっている。

★14:28  新日本建設-4日続落 横浜支店を開設 受注機会や開発事業の用地取得など強化
 新日本建設<1879.T>が4日続落。同社は30日14時、横浜支店を開設すると発表した。神奈川県を中心とした首都圏西部地域における建設事業の顧客基盤および受注機会の拡大・強化、開発事業の用地取得に係る情報収集および販売体制の強化などを図るとしている。

 なお、株価は地合いにつれ安している。

★14:37  三晃金属工業-買い気配 今期営業益を上方修正 期末配当予想を増額
 三晃金属工業<1972.T>が買い気配。同社は30日14時30分、22.3期通期の連結営業利益予想を従来の10.0億円から18.0億円(前期比28.0%減)に引き上げると発表した。

 ソーラー屋根工事の受注増、高収益商品拡大等による営業努力に加え、工事管理強化による原価低減及び固定費のコスト低減の成果により、前回予想を上回る見通し。

 また、22.3期の期末配当予想を50円から100円(前期は130円)に修正すると発表した。なお、年間配当も同様となる。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 27,011.33 -120.01
TOPIX 1,891.85 -4.77
JASDAQ 3,629.24 +21.74
マザーズ 779.83 +7.69
NYダウ 34,297.73 -66.77
ナスダック総合 13,539.30 -315.84
ドル/円 114.15 +0.25
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ