アジア株市況-上海総合指数は反発 3000ポイントを回復し約2カ月半ぶり高値

2024/02/27(火) 17:29
 アジア株はまちまち。上海総合指数は反発した。寄り付き直後は前日終値を挟んでもみ合ったが、その後はプラス圏で堅調に推移。心理的節目の3000ポイントを超え、徐々に上げ幅を拡大すると、終値は昨年12月4日以来、約2カ月半ぶり高値だった。中国の景気対策や相場対策への期待が買いを支えた。  ハンセン指数は前場は軟調に推移したが、終盤に買いが入って3日ぶりに反発した。ベトナムやインドなども堅調に推移している。一方、韓国や台湾が下落したほか、シンガポールが軟調に推移している。 ハンセン  16790.8 +156.06(+0.93%) レッドチップ  3481.74 -16.18(-0.46%) 上海総合  3015.48 +38.46(+1.29%) 台湾加権  18854.41 -93.64(-0.49%) 韓国総合  2625.05 -22.03(-0.83%) ムンバイSENSEX(取引中)*  73071.14 +281.01(+0.38%) タイ SET(取引中)  1393.72 -4.42(-0.31%) ジャカルタ総合(取引中)  7277.92 -5.91(-0.08%) マレーシアFBM KLCI(取引中)  1554.63 +7.03(+0.45%) フィリピン総合  6860.67 -30.82(-0.44%) シンガポールST(取引中)*  3155.39 -15.73(-0.49%) ベトナムVN  1237.46 +13.29(+1.08%) 17時27分現在 *は15分遅れ
関連ニュース
海外株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 38,855.37 -44.65
TOPIX 2,768.50 +2.14
グロース250 619.06 +5.52
NYダウ 39,069.59 +4.33
ナスダック総合 16,920.80 +184.76
ドル/円 156.76 -0.13
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ