ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ドル円、下値堅い

2024/02/28(水) 00:06
 27日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下値が堅い。24時時点では150.36円と22時時点(150.22円)と比べて14銭程度のドル高水準だった。1月米耐久財受注額が予想を下回る結果だったことに売りで反応し、一時150.08円と本日安値を付けたが、すぐに反発。米10年債利回りが4.30%台まで上昇したこともショートカバーを誘い150.40円台まで切り返している。  なお、24時に発表された2月米リッチモンド連銀製造業指数は予想を上回った半面、2月米消費者信頼感指数は予想より弱いなど、強弱入り混じる内容だった。  ユーロドルは弱含み。24時時点では1.0840ドルと22時時点(1.0857ドル)と比べて0.0017ドル程度のユーロ安水準だった。米長期金利の上昇に伴ってドル買い圧力が高まると、日通し安値となる1.0836ドルまで下押しした。  ユーロ円は24時時点では162.98円と22時時点(163.09円)と比べて11銭程度のユーロ安水準だった。ドル相場となったためユーロ円自体は163円台前半を中心にもみ合いとなった。 本日これまでの参考レンジ ドル円:150.08円 - 150.71円 ユーロドル:1.0836ドル - 1.0866ドル ユーロ円:162.89円 - 163.53円
関連ニュース
為替の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 37,628.48 -831.60
TOPIX 2,663.53 -47.20
グロース250 640.12 -15.48
NYダウ 38,460.92 -42.77
ナスダック総合 15,712.75 +16.11
ドル/円 155.47 +0.16
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ