後場コメント No.2 日本製鉄、川重、ウイングアーク、あさひ、ダイイチ、キユーピー

2022/07/04(月) 15:03
★12:57  日本製鉄-小高い 東日本製鉄所君津地区で排水基準超過事案の発生
 日本製鉄<5401.T>が小高い。同社は4日に、東日本製鉄所君津地区の排水口(1カ所)において、排水基準を超過する事案が発生したと発表した。

 6月30日と7月1日の取水分において、シアンとT-N(全窒素)の排水基準超過が判明した。6月24日公表の着色水の流出事案とは排水系統が異なり、流出の原因となった設備は直ちに使用をやめ、発生原因を調査している。同社はこの件について謝罪するとともに、原因究明と再発防止に努めるとしている。

 なお、株価は堅調な地合いに連れ高している。

★13:00  川崎重工-もみ合い 警察庁に新型ヘリ2機 搭載重量など向上=日経
 川崎重工業<7012.T>がもみ合い。日本経済新聞電子版は4日12時52分、同社がこのほど、警察庁に最新型ヘリコプター「H145//BK117 D-3」を2機納入したと報じた。

 記事によれば、従来型のD-2型に比べて機体重量を50キログラムほど軽くしたことなどで、搭載可能重量が約150キログラム増えたという。より多く救助した人員や支援物資を載せられるようになるようだ。埼玉県と秋田県での運用を予定しており、遭難者の捜索や救助、物資の輸送手段などとしての活用を見込むとしている。

★13:04  ウイングアーク1st-3日ぶり反発 スルガ銀行に「invoiceAgent AI OCR」が採用
 ウイングアーク1st<4432.T>が3日ぶり反発。同社は4日、スルガ銀行<8358.T>に、高精度な文字認識で帳票をデータ化する「invoiceAgent AI OCR」が採用されたと発表した。

 金融庁が金融機関に義務付ける継続的顧客管理の一環として、「お客さま情報確認書」のデータ化業務の効率化に活用され、手書き情報のデータ化とワークフローにより年間約5000時間の業務負担削減に貢献したとしている。

★13:11  あさひ-もみ合い 6月度の既存店売上高5%増
 あさひ<3333.T>がもみ合い。同社は4日13時、6月度の既存店売上高は前年同月比5.1%増、全社売上高は同6.5%増だったと発表した。既存店の客数は同1.1%減、客単価は同6.3%上昇となった。

★13:13  ダイイチ-4日ぶり反発 6月既存店売上高1%増 全店は5%増
 ダイイチ<7643.T>が4日ぶり反発。同社は4日13時、6月の既存店売上高が前年同月比0.7%増だったと発表した。全店は同4.7%増となった。

★13:23  キユーピー-反発 業務用ならびに家庭用製品を一部値上げ
 キユーピー<2809.T>が反発。同社は4日、10月1日出荷分から業務用のマヨネーズ類、ソース類、マスタードなど、全157アイテム、ならびに家庭用のマヨネーズ類、マスタード、タルタルソース、パン用スプレッド、パスタソース、素材食品など、全93アイテムの価格を改定すると発表した。家庭用の価格改定幅は2~20%としている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 29,222.77 +353.86
TOPIX 2,006.99 +25.03
マザーズ 761.92 +11.71
NYダウ 34,152.01 +239.57
ナスダック総合 13,102.55 -25.50
ドル/円 134.82 +0.61
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ