前場コメント No.2 NXHD、ワークマン、SBIインシュ、ブリッジコン、日本コークス、ピアズ

2024/03/04(月) 11:30
★9:03  NXHD-売り気配 421万6600株の売り出し 日野自動車など7社が放出
 NIPPON EXPRESSホールディングス<9147.T>が売り気配。同社は1日、421万6600株の売り出しおよび上限63万2400株のオーバーアロットメントによる売り出しを行うと発表した。

 売出価格は3月11日から3月13日までのいずれかの日に決める。受渡期日は3月18日~20日。売出人は、みずほ信託銀行退職給付信託(みずほ銀行口)再信託受託者日本カストディ銀行:140万株、日野自動車<7205.T>:84万4700株、損害保険ジャパン:71万3500株、三菱UFJ銀行:64万1400株、いすゞ自動車<7202.T>:26万5100株、UDトラックス20万1900株、三菱UFJ信託銀行:15万株。
 
 同社がめざす企業グループとしてのあり方の実現には、適切なコーポレートガバナンスとグループ経営体制の構築が重要であると考え、政策保有株式については縮減を基本方針としている。市場においても政策保有株式見直しの動きが進むなか、一部の株主から同社株式を売却したい意向を確認したとしている。

★9:03  NXHD-売り気配 160万株・100億円を上限に自社株買い 割合は1.82%
 NIPPON EXPRESSホールディングス<9147.T>が売り気配。同社は1日、160万株・100億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は4月11日~7月31日。上限株数を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は1.82%となる。

 なお、株価は同時に発表した株式の売り出しを受けて売りが優勢となっている。

★9:03  ワークマン-4日ぶり反発 2月度の既存店売上高9%増 全店は14%増
 ワークマン<7564.T>が4日ぶり反発。同社は1日、2月度の月次前年比速報として、既存店売上高が9.4%増、全店売上高が13.6%増だったと発表した。前月はそれぞれ0.9%増、4.5%増だった。

 同月は、気温の上昇により、春物衣料が動き始めたほか、寒暖差が激しく上旬や下旬の冷え込みで、防寒アウターやウォームパンツ、防寒手袋など冬物商品が好調に推移した。加えて、関東以西では降雨日が多く、レインウエアが大幅に伸長した。

★9:04  SBIインシュアランス-4日ぶり反発 65万株の売り出し SBIHDが放出
 SBIインシュアランスグループ<7326.T>が4日ぶり反発。同社は1日、200万株の売り出しおよび上限30万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行うと発表した。

 発行条件は3月11日~3月13日のいずれかの日に決める。売出人はSBIホールディングス<8473.T>。流通株式比率の向上によるグロース市場の上場維持基準の適合を目的としている。

★9:04  ブリッジコンサルティング-買い気配 GENDAと業務提携 M&A戦略を支援
 ブリッジコンサルティンググループ<9225.T>が買い気配。同社は1日、エンターテイメント事業を軸として積極的にM&Aを実施するGENDA<9166.T>とM&A戦略を通じた相互事業の発展を企図して、業務提携契約を締結したと発表した。

 同社がこれまでM&A戦略に係るビジネスで培ってきた専門的な知見とノウハウにより、GENDAのM&A戦略を総合的に支援するという。戦略的業務提携の一環として、GENDA Capital 1号ファンドにLimited Partnerとして参画することが決定したとしている。

 リリースを受けて、GENDAも大きく上昇している。

★9:05  日本コークス工業-急落 通期営業益を下方修正 設備トラブルが響く
 日本コークス工業<3315.T>が急落。同社は1日、24.3期通期の連結営業利益予想を従来の6.3億円から4.3億円(前期は4.0億円の赤字)に下方修正すると発表した。設備トラブルや、それに伴う生産量及び販売量の減少が想定以上となる見通しであることを踏まえた。
 

★9:05  ピアズ-5日ぶり反発 AWSによる生成AIサービスの活用検証に着手
 ピアズ<7066.T>が5日ぶり反発。同社は1日、LLM(大規模言語モデル)を活用し、AIが顧客役となることでトレーニング効率を向上させるバーチャル顧客機能「mimik NEST」のさらなる機能強化について、AWSの生成AIサービスであるAmazon Bedrockの活用検証に着手したと発表した。
 
 Amazon Bedrockは、APIを通じて生成AIに関する主要な基盤モデルを利用できるようにするフルマネージド型サービスであり、オープンソース生成AIと異なり、学習データの秘匿性を高めつつ、生成AIによるイノベーションを実現することが可能となるサービス。
 
 同サービスを活用した「mimiK NEST」の開発により、学習データの外部提供が困難なエンタープライズ企業向けのサービス提供を強化することが可能となるとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,523.55 +80.92
TOPIX 2,759.64 +12.68
グロース250 687.37 -4.73
NYダウ 37,983.24 -475.84
ナスダック総合 16,175.09 -267.10
ドル/円 153.31 +0.04
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ