IPO銘柄詳細

トリプルアイズ

コード 市場 業種 売買単位 注目度
5026 東証グロース 情報・通信業 100株 B
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2022/05/12
ブックビルディング期間 2022/05/13 - 05/19
公開価格決定 2022/05/20
申込期間 2022/05/23 - 05/26
払込期日 2022/05/30
上場日 2022/05/31
価格情報
仮条件 800 - 880円
公開価格 880円
初値予想
初値 -
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 山田 雄一郎(上場時39歳11カ月)/1982年生
本店所在地 東京都千代田区神田駿河台
設立年 2008年
従業員数 197人 (2022/03/31現在)(平均35.5歳、年収439万円)、連結197人
事業内容 システムインテグレーションおよび独自開発のAI(人工知能)プラットフォームの提供
URL https://www.3-ize.jp/
株主数 28人 (目論見書より)
資本金 465,257,000円 (2022/04/22現在)
上場時発行済株数 6,802,600株(別に潜在株式725,600株)
公開株数 621,000株(公募540,000株、オーバーアロットメント81,000株)
調達資金使途 事業開発など技術への投資、採用や教育など人材への投資
連結会社 2社
シンジケート
公開株数540,000株(別に81,000株)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 いちよし 405,000 75.00%
引受証券 野村 40,500 7.50%
引受証券 みずほ 29,700 5.50%
引受証券 SBI 10,800 2.00%
引受証券 あかつき 5,400 1.00%
引受証券 SMBC日興 5,400 1.00%
引受証券 岡三 5,400 1.00%
引受証券 極東 5,400 1.00%
引受証券 東海東京 5,400 1.00%
引受証券 東洋 5,400 1.00%
引受証券 松井 5,400 1.00%
引受証券 マネックス 5,400 1.00%
引受証券 丸三 5,400 1.00%
引受証券 楽天 5,400 1.00%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
福原聖子 従業員、前代表取締役の配偶者 2,347,000 33.59%
(株)コスモウエア 福原聖子氏の資産管理会社 1,800,000 25.76%
AIテクノロジーイノベーションファンド1号有組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 470,000 6.73%
JPE第1号(株) ベンチャーキャピタル(ファンド) 400,000 5.72%
(株)キューブシステム 取引先 300,000 4.29%
(株)TOKAIコミュニケーションズ 特別利害関係者など 250,000 3.58%
山田雄一郎 代表取締役 138,600 1.98%
ジェイズ・コミュニケーション(株) 特別利害関係者など 125,000 1.79%
東港金属(株) 特別利害関係者など 100,000 1.43%
丸茂喜泰 執行役員、子会社の代表取締役 70,000 1.00%
加藤慶 取締役CFO 69,600 1.00%
桐原永叔 取締役 69,600 1.00%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2022/08 連結予想 2,595 174 163 138
2022/08 連結中間実績 1,212 96 93 84
2021/08 連結実績 2,122 60 83 38
2020/08 連結実績 1,791 -174 -166 -260
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2022/08 連結予想 21.67 161.59 0.00
参考類似企業
銘柄 今期予想PER(4/29)
2335
キューブシス
12.8倍 (連結見込)
3627
JNS
26.3倍 (連結予想)
3744
サイオス
54.2倍 (連結予想)
4011
ヘッドウォータ
129.3倍 (連結予想)
4055
ティアンドエス
28.4倍 (単独予想)
4264
セキュア
42.0倍 (連結予想)
4268
エッジテクノ
95.1倍 (単独見込)
5028
セカンドサイト
58.7倍 (単独見込)
事業詳細
AI(人工知能)ソリューション事業が主力。主にAI技術を用いたシステム開発を含むシステムインテグレーションビジネスと、ストック型AIプラットフォームビジネスに取り組んでいる。社名は顧客へのサービスやシステムを「CUSTOMIZE」「REALIZE」「MAXIMIZE」――する3つの「IZE」を由来とする。

1.AIソリューション事業
(1)SI部門
 基幹システム・決済システムといったシステム開発を中心に手掛ける。金融、流通、不動産、サービス、医療などさまざまな業界にて実績がある。
 大手SIerからの一次請けやエンドユーザーからの直接取引が主な案件であり、前者は主に技術者派遣による人月単価として、後者は直接請負による成果物の対価として売り上げを得ている。

(2)AIZE部門
 独自に開発したAIエンジンによるサービスを展開している。画像認識を中心に中でも顔認証のサービスを最も充実させており、画像認識プラットフォーム「AIZE」は顔認証、物体検知を行うソリューションとして、流通小売業を中心に店舗や工場などでサービス提供している。言語処理、需要予測などにも活用されているほか、他社デバイスへの組み込みなども可能だ。

2.研修事業
 企業向けに人材育成のためのセミナー研修業務を提供している。

3.その他の事業
 将棋道場・教室「所司一門将棋センター」を運営している。企業価値・ブランドイメージの向上を図るほか、論理能力に優れたアマ強豪の採用にも寄与している。

 2021年8月期の売上高構成比は、AIソリューション事業98.0%(SI部門84.2%、AIZE部門13.8%)、研修事業1.5%、その他0.5%。主な販売先はキューブシステム12.1%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
マーケットデータ
日経平均 27,001.52 +262.49
TOPIX 1,894.57 +17.20
マザーズ 674.82 +17.53
NYダウ 31,261.90 +8.77
ナスダック総合 11,354.62 -33.88
ドル/円 127.56 -0.38
ページTOPへ