前場コメント No.1 オーエス、楽天地、ハーモニック、楽天銀行、アインHD、ファンペップ

2023/12/07(木) 11:33
★9:00  オーエス-買い気配 阪急阪神が1株5000円でTOB 上場廃止へ
 オーエス<9637.T>が買い気配。阪急阪神ホールディングス<9042.T>は7日、同社に対して株式公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化すると発表した。

 TOBの買付価格(普通株式)は1株につき5000円、買付期間は2023年12月7日~24年1月24日。買付予定数は247万8330株。下限は141万7000株。上限は設けない。TOB成立後は、一連の手続きを経て同社株は上場廃止となる予定。

 同社も同日、TOBについて賛同の意見を表明するとともに、株主に対して同公開買い付けへの応募を推奨すると発表した。

★9:00  東京楽天地-買い気配 東宝が1株6720円でTOB 上場廃止へ
 東京楽天地<8842.T>が買い気配。同社は6日、東宝<9602.T>が実施する同社株の公開買い付け(TOB)に対し、賛同の意見を表明し、株主に対してTOBへの応募を推奨すると発表した。

 買い付け価格は1株につき6720円。買い付け期間は12月7日から2024年1月24日まで。買い付け予定数は345万9825株。同下限は145万8500株。上限は設けない。TOB成立後は、一連の手続きを経て、同社株は上場廃止となる予定。

★9:00  ハーモニック-売り気配 437万9400株の海外売り出し トヨタが放出
 ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.T>が売り気配。同社は6日、トヨタ自動車<7203.T>を売出人として、海外市場で437万9400株の売り出しを行うと発表した。

 売り出し価格は12月7日から12月11日の間のいずれかの日に決める。受け渡し期日は12月12日から12月14日までの間のいずれかの日。

 トヨタ自動車は保有する同社株式の全てを売却するが、取引について、両社は引き続き良好な関係を継続するとしている。

 併せて、70万株・20億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は売出価格等決定日の翌営業日から2024年1月19日まで。なお、上限株数を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は0.73%となる。
 自己株式の取得は、海外売り出しに伴う株式需給への短期的な影響を緩和し、既存株主への影響を軽減する観点から行うとしている。

★9:01  (追加)楽天銀行-売り気配 2550万株の海外売り出し 楽天グループが放出
 楽天銀行<5838.T>が売り気配。同社は6日、海外市場で楽天グループ<4755.T>を売出人とする2550万株の売り出しを行うと発表した。

 売り出し価格は12月6日から7日のいずれかの日に決める。受け渡し期日は12月11日。売り出し後も楽天グループは同社の親会社である見込みとしている。

 (追加)同社は7日9時、売り出し価格は2470円に決まったと発表した。

★9:01  アインHD-買い気配 通期営業益を上方修正 上期は計画上回る
 アインホールディングス<9627.T>が買い気配。同社は6日、24.4期通期の連結営業利益予想を従来の156.6億円から184.5億円(前期比15.3%増)に上方修正すると発表した。上期(5-10月)の実績を踏まえた。市場コンセンサスは174億円。

 24.4期上期(5-10月)の連結営業利益は87.5億円(前年同期比28.9%増)だった。上期の会社計画60.9億円を上回った。ファーマシー事業における処方せん枚数の堅調な増加に加え、新型コロナウイルス感染症治療薬を含めた高額医薬品処方への対応増加などにより単価が上昇した。リテール事業における好調な客数の推移なども寄与した。

★9:01  ファンペップ-買い気配 阪大と認知症ワクチン共同研究=日経
 ファンペップ<4881.T>が買い気配。7日付の日本経済新聞朝刊は、同社がアルツハイマー病の治療ワクチンの研究を大阪大学と始めたと報じた。アルツハイマー病の原因の一つとされる「タウ」と呼ばれるたんぱく質に働きかけ、治療や予防、進行抑制につながるワクチンの開発をめざすとしている。


関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 39,098.68 +836.52
TOPIX 2,660.71 +33.41
グロース250 742.11 -3.24
NYダウ 39,069.11 +456.87
ナスダック総合 16,041.62 +460.75
ドル/円 150.49 -0.05
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ