三菱UFJ-続落 今期最終益0.6%増見込むも保守的な見通しを嫌気

2024/05/16(木) 09:08
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が続落。同社は15日、25.3期通期の連結純利益予想について、1兆5000億円(前期比0.6%増)を目標とすると発表した。市場コンセンサスは1兆4900億円。  24.3期通期の連結純利益は1兆4908億円(前の期比33.5%増)だった。顧客部門収益の増加やMorgan Stanleyの持分法適用決算期の変更、円安影響などが寄与した。  なお、株価は今期の業績目標が小幅な増益にとどまることや、同日発表された自社株買いの実施規模が小さいことなどが嫌気され、売りが優勢となっている。
関連ニュース
日本株の最新ニュース
マーケットデータ
日経平均 38,855.37 -44.65
TOPIX 2,768.50 +2.14
グロース250 619.06 +5.52
NYダウ 39,069.59 +4.33
ナスダック総合 16,920.80 +184.76
ドル/円 156.76 -0.13
プレミアム銘柄の最新情報
ページTOPへ