DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
株式検索
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレー
ダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

 【トレーダーズ・プレミアム】ログインフォーム
アカウント
パスワード
『トレーダーズ・プレミアム』について ※会員サービスQ&A

 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページ上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の 責任を負いかねます。
 トレーダーズ・プレミアムのホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び 情報提供者に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。
ニュース ヘッドライン一覧 関連ニュース 最新のニュース
3/28 13:17 [ 印刷 ]

〔Market Flash〕トランプ大統領の八つ当たりに備える〜みずほ

【13:15】トランプ大統領の八つ当たりに備える〜みずほ

 みずほ証券では、「みずほプレミアムポートフォリオ」から、自動車関連のエクスポージャーがある日本電産(6594)、堀場製作所(6856)、スタンレー電気(6923)を削除している。同ポートフォリオは、各セクターアナリストが投資判断「買い」銘柄の中から厳選し、トップダウンのビューを交えて、銘柄選定委員会にて決定される。みずほでは、トランプラリーは元々の好景気に加えてオバマケア廃止による負担減や大型減税に対する期待で上昇したが、オバマケア廃止失敗で大型減税とともに期待の部分がはく落するとみることから、トランプラリーが調整局面を迎えた可能性を指摘している。外国人投資家のセンチメントは悪化した可能性が高く、今後は日本市場への悪影響を想定している。内政で思い通りにならないトランプ大統領は、外交で八つ当たりのような対応をする可能性があるとみており、その場合、自動車セクターが最も対象になりやすく、自動車関連の期待が大きい銘柄もリスクと考えている。


【12:35】ダウ平均は8日続落も短期調整のパターンに〜大和

 大和証券のテクニカルレポートでは、ダウ平均はきのうまで8日続落となったが、過去30年間では最長の続落日数に並んできたことから、早晩反発する展開を想定している。また、この8営業日間の終値ベースの下落率は-1.91%にすぎず、その意味では、同じ8日続落でも大きな突っ込み感があった2008年(リーマン・ショック)や2001年(米同時多発テロ)などの例とはことなり、8日間で-1.97%の下げとなった1989年の例が近いとみている。当時はダウ平均が史上最高値を更新した直後の反落局面での下げで、株価は高値更新前のフシとなっていた水準を維持したことで、続落終了後には再び上昇基調を取り戻していたとのこと。今回も、ダウ平均は高値更新前のフシであった2万ドル水準を維持するならば、上昇トレンドも当面維持できると考えている。


【11:05】国交省が福岡空港運営の民間委託の概要を策定〜三菱UFJMS

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、国交省が福岡空港運営の民間委託の概要を策定したことを受けてリポートしている。新滑走路建設もあり、インバウンドやLCC需要を積極的に取り込む計画。2019年4月から30年間を計画し、福岡空港ターミナルの大株主である西鉄(9031)の他、JR九州(9142)など地元企業でコンソーシアムを組成し、18年5月に優先交渉権者が選定される。三菱UFJMSでは、ホテル・空港旅客統計、地価公示などでは、福岡など地方への需要シフトが高まっており、西鉄などの収益機会が高まると考えている。


【10:40】トランプ相場は終わったのか?〜JPモルガン

 JPモルガン証券では、先週の金融市場が久方ぶりに調整したことについて考察している。期待先行で市場にやや過熱感があった状況下、オバマケアの廃止・代替法案の米国議会下院における可決が先週の早い段階で微妙になったことが原因で、共和党内の調整が出来なかったことで、トランプ政権の政策実現力に対する楽観論が後退したとみていいだろうとコメントしている。しかし、これで市場の楽観論が悲観論が転換することはないと考えている。世界のリフレ・トレードが続きそうなほか、米国の財政政策や規制緩和への期待も簡単には払しょくされないことをその要因に挙げている。実際、先週金曜日に当該法案が廃案になったことで、株価、金利、ドルはむしろ上昇しており、当面は楽観論先行の相場環境は変わらないと予想している。


【10:05】鉄鉱石市況が大幅下落、潮目は変わったか?〜SMBC日興

 SMBC日興証券では、前週、中国の鉄鉱石市況が2週前との比較で10%、熱延コイル市況は4.4%の下落となったことに注目している。前週末、鉄鉱石の輸入在庫は過去最高に達したうえ、国内鉱山再開の動きも見られており、供給圧力が強いことを指摘している。鋼板の流通在庫も年初比46%増となったが、供給圧力に加えて、金融引き締め、不動産、先物市場の規制強化などが影響したとみている。降雨影響で滞っている建設向け需要の回復で一時的に鉄鉱石市況は回復の可能性があるとみているが、長期的には下落するとSMBC日興では予想している。また、連動して鋼材市況も軟調な推移となる可能性が高いと考えている。


【9:40】3月日銀主な意見、多少の追い風でも忍耐強い緩和継続〜みずほ

 みずほ証券では、27日に公表された3月15・16日の日銀決定会合の主な意見を受けてリポートしている。今回は性急な長期金利目標の引き上げをけん制する意見が多かった。賃金に関しては見方が分かれる。また、海外経済・市場の不確実性や物価上昇率の鈍い点への警戒感も踏まえ、粘り強いYCC(イールドカーブコントロール)の継続が重要という多数意見が確認された。みずほでは、24日の黒田日銀総裁講演では、日々のオペから政策変更を議論すること自体が無益と強調されたが、YCCの下での国債買い入れ減額の可能性も示唆され始めた感があると指摘している。ただし、当面、少なくとも向こう半年は、現行のYCCや各種資産買い入れが継続されると考えている。


【8:45】寄り前気配は住友重、イビデン、日新鋼HD、京成が高い気配値

 主力株の寄り前気配では、住友重(6302) +6.25%、イビデン(4062) +5.85%、日新鋼HD(5413) +5.59%、京成(9009) +4.79%、TSIHD(3608) +4.70%、日通(9062) +4.63%、アシックス(7936) +4.35%、サンドラッグ(9989) +4.31%、博報堂DY(2433) +4.12%、京セラ(6971) +4.02%などが高い気配値。

 一方、長瀬産(8012)-25.56%、TSテック(7313)-23.29%、エクセディ(7278)-16.67%、ローム(6963) -8.82%、東洋水産(2875) -3.82%、栗田工(6370) -3.50%、ケーズHD(8282) -3.37%、タカタ(7312) -2.39%、ITHD(3626) -2.22%、東芝(6502) -1.97%などが安い気配値となっている。

ヘッドライン一覧 ジャンルを絞り込む
▼ 2017/3/28
13:17 〔Market Flash〕トランプ大統領の八つ当たりに備える〜みずほ
13:15 ノーリツ鋼機−6日ぶり反発 投資有価証券売却益11億円を金融収益として計上
13:09 ビジョン−反発 ウェアラブル翻訳デバイス「ili」レンタルサービス開始
13:01 伊藤忠−3日ぶり反発 国内で物流施設を相次ぎ開設 物流インフラ需要取り込む
12:53 デジタルデザイン−続落 救急.comとの業務提携を解消
12:50 ポーラオルビス−反発 理化学研究所と共同研究契約 皮膚再生研究を強化
12:39 〔Market Flash〕ダウ平均は8日続落も短期調整のパターンに〜大和
12:31 関西電力−反発 新会社「関電トレーディングシンガポール」設立
12:30 楽天−3日ぶり反発 「環境価値」「ネガワット」の私設取引プラットフォーム創設
12:07 午前まとめ=ドル円 NY終値とほぼ変わらず 日経平均は反発
12:04 28日午前の記事一覧:SMIC、16年12月本決算は49%増益など
12:02 亨泰消費品が大幅高、ウルトラマン・ショーの開催企業買収で覚書
11:30 前場コメント No.12 アサツーDK、IHI、ニトリ、Sサイエンス、寺崎電気など
11:30 前場コメント No.11 オークマ、力の源、ダイドーGHD、ミロク情報、コマツなど
11:30 前場コメント No.10 プレス工業、富士フイルム、ハイアス、Aiming、三菱重工業…
11:30 前場コメント No.9 MidCity、ピジョン、積水ハウス、日本ゼオン、サイバーエ…
11:30 前場コメント No.8 日本精工、日本ペイント、ワタミ、イード、日本触媒など
11:30 前場コメント No.7 東洋紡、オカモト、夢の街創造委員会、ボルテージ、東亜建設など
11:30 前場コメント No.6 オーテック、アンリツ、保土谷化学、京セラ、岩崎電気など
11:30 前場コメント No.5 東京製綱、メンバーズ、ニチイ学館、リクルート、LINEなど
11:30 前場コメント No.4 中部電力、グンゼ、クスリのアオキ、ニチレイ、リソー教育など
11:30 前場コメント No.3 ACCESS、第一生命、セブン&アイ、MUTOH、テクノホラ…
11:30 前場コメント No.2 倉庫精練、住友精密、出光興産、アイリッジ、神鋼環境など
11:30 前場コメント No.1 ユナイテッドアローズ、すかいらーく、東芝、日新製鋼、第一化成…
11:22 学研HD−反発 独自の「学研版地域包括ケア」を拡充 シニア向け新事業
11:21 ソフトバンク・テク−上げ幅拡大 ルネサスのIoTデバイス開発のエコシステム構築・運…
11:11 〔Market Flash〕国交省が福岡空港運営の民間委託の概要を策定〜三菱UFJMS
11:07 寺崎電気−一時ストップ高 傘下が重油・水の混合燃料生成装置を開発 久留米工大と
11:04 エス・サイエンス−反発 環境事業からの撤退を発表
11:01 富豪酒店、16年12月本決算は80%増益(速報)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次へ 


マーケットの話題
東京市場 日本株トップページ
日経平均は反発 国際帝石や昭和シェルなどの資源・石油株が上昇 (3/28)
28日の日経平均は反発。円高が一服し買い安心から幅広い銘柄が上昇した。また、3月権利付き最終売買日で、権利・配当狙いの買いも相場の下支え要因。ただ、積…

【全文表示】

ダウ平均は8日続落も円高一服を好感… (3/28)
日経平均は19000円割れ、3月権利前の… (3/27)
日経平均は3日ぶり反落 TASAK… (3/27)

ニューヨーク市場 米国株トップページ
NY市場概況−まちまち ダウ8日続落もナスダック総合は続伸 (3/28)
 27日のNY株式相場は高安まちまち。先週のヘルスケア法案採決断念により新政権の政策実行能力への疑念が重しとなった。原油価格の続落も嫌気され、S&P500の11業…

【全文表示】

香港・上海市場 中国株トップページ
本土前引け:続落、景気敏感株売られる (3/28)
 28日前場の中国本土株式市場で、上海総合指数は続落した。前場終値は前日比0.29%安の3257.38ポイントだった。上海、深セン両市場の半日の売買代金は概算で267…

【全文表示】

香港寄り付き:反発スタート、本土金… (3/28)
本土寄り付き:続落、海運株や石炭株… (3/28)
【相場見通し】売り優勢の展開か、米… (3/28)
外国為替市場 外国為替トップページ
■東京午前=朝方にドル円上昇も、上値は重い (3/28)
 東京午前の為替相場は、NY後場のドル買い戻しの流れを受けてドルの堅調地合いで始まったが伸び悩み。ダウ平均が下げ幅を縮小して終わったことで、日経平均にも…

【全文表示】

東京為替見通し=ドル円、3月期末決… (3/28)
■NY為替・27日=米政権懸念残るも、… (3/28)
■LDN午前=ドル円は東京の流れを引… (3/27)
注目コンテンツ
ニュースランキング
1 前場コメント No.10 プレス工業、富士フイルム、ハイアス、Aiming、三菱重工業など
2 前場コメント No.11 オークマ、力の源、ダイドーGHD、ミロク情報、コマツなど
3 前場コメント No.1 ユナイテッドアローズ、すかいらーく、東芝、日新製鋼、第一化成など
4 前場コメント No.12 アサツーDK、IHI、ニトリ、Sサイエンス、寺崎電気など
5 前場コメント No.9 MidCity、ピジョン、積水ハウス、日本ゼオン、サイバーエージェントなど
マーケットデータ
終値
日経平均 19,189.39 +203.80
日経平均先物 19,050 +240
TOPIX 1,543.01 +18.62
TOPIX先物 1,530.00 +21.50
東証2部指数 5,945.60 +56.91
JASDAQ 3,041.55 +6.49
マザーズ 1,041.38 +10.69
ドル/円 110.65 -0.01
ユーロ/円 120.19 -0.04
10年国債 0.06 +0.01
2年国債 -0.25 +0.01
3月28日 11:35 更新
出来高
東証1部 865120 1038753
東証2部 63000 21936
3月28日 11:35 更新



トレーダーズ・コンパス
トレンドを探る 3/27
移動平均
パラボリック
H&L転換
ポイント&フィギュア
総合判定
買われ過ぎ・売られ過ぎを探る 3/27
RSI 22.95
ストキャスティクス 7.94
騰落レシオ 100.41
乖離率 -1.10%
総合判定 売られ過ぎ
判断基準 ≫
 
日本株情報サービス「トレーダーズ・プレミアム」サイトリニューアルのお知らせ
よりご活用いただけるサービスにするため会員専用ウェブサイトをリニューアル致しました!
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

姉妹サイト『トレーダーズ・ウェブFX』に待望のスマホ版をリリースしました
FX情報がより機動的にご利用いただける『トレーダーズ・ウェブFX』を、これからもよろしくお願いいたします。
≫ トレーダーズ・ウェブFXはこちら

会員サービスのご案内
株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられる『投資相談室』サービスを提供しています
徹底活用ガイド

【ご案内】無料メールマガジンのご紹介
『日刊 トレーダーズ・メールマガジン』は登録無料!
詳細はこちらから