DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
【注意事項】
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止は こちら をクリック。
【入力フォーム】
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「
コラム
急成長株の買いタイミング
急成長株の買いタイミング

 「おススメスクリーニング」は足元の相場状況などを勘案したスクリーニング条件をご紹介します。

今回のスクリーニング
高PER
高PBR
ハイリスク

 PERおよびPBRが高い銘柄は割高と考えられがちですが、成長企業にそれは当てはまりません。高PER・高PBRは急成長の証といえます。今回は、このような高PER・高PBR銘柄の株価がいったん落ち着いたタイミングを狙うスクリーニング条件をご紹介します。

スクリーニング条件
その1 PER  50倍以上(設定項目は29番)
 高PER銘柄を抽出します。
その2 PBR  5倍以上(設定項目は30番)
 高PBR銘柄を抽出します。
その3 乖離率(100日) -5%〜5%(設定項目は16番)
 直近で急騰、急落している銘柄をはじくため、100日移動平均線からの乖離率を一定範囲に絞っています。平均へ戻ってきた銘柄の次の上昇を狙うイメージです。
スクリーニング結果(2020年9月16日時点)
スクリーニング結果(2020年9月16日時点)

 AI関連として注目されるブレインパッド<3655>、携帯キャリアへの屋内基地局貸しを行っており5G関連として注目されるJTOWER<4485>、学校教育向けICT事業を柱とするチエル<3933>、4月にオンライン診療プラットフォームのOEM提供を行うと発表したオプティム<3694>など、AI、5G、GIGAスクール構想、オンライン診療といった注目度の高いテーマの関連銘柄が抽出されました。

 成長期待の高い銘柄は、基本的に移動平均線より上で推移することが多いといえます。そのような銘柄が100日線など中期のチャートの節目に接近している場合は、買いゾーンに入っていると考えることができます。この水準を明確に上放れてくれば、追随買いが入って大きな動きが発生する可能性があります。