IPO銘柄詳細

クオリプス

コード 市場 業種 売買単位 注目度
4894 東証グロース 医薬品 100株 B
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2023/06/08
ブックビルディング期間 2023/06/09 - 06/15
公開価格決定 2023/06/16
申込期間 2023/06/19 - 06/22
払込期日 2023/06/26
上場日 2023/06/27
価格情報
想定価格 1,560円
仮条件 1,400 - 1,560円
公開価格 1,560円
初値予想 1,900円
初値 1,680円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 草薙 尊之(上場時64歳6カ月)/1958年生
本店所在地 東京都中央区日本橋本町
設立年 2017年
従業員数 46人 (2023/04/30現在)(平均44.1歳、年収580.5万円)
事業内容 再生医療等製品、特定細胞加工物の研究、開発、製造、販売。再生医療等製品、特定細胞加工物に係る受託開発製造サービスおよびコンサルティング業務
URL https://cuorips.co.jp/
株主数 33人 (目論見書より)
資本金 104,150,000円 (2023/05/23現在)
上場時発行済株数 7,557,916株(別に潜在株式507,950株)
公開株数 2,530,000株(公募1,700,000株、売り出し500,000株、オーバーアロットメント330,000株)
調達資金使途 運転資金、設備資金
連結会社 0社
シンジケート
公開株数2,200,000株(別に330,000株)/(海外分含む)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 野村 2,024,000 92.00%
引受証券 SBI 165,000 7.50%
引受証券 松井 11,000 0.50%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
第一三共(株) その他の関係会社、共同研究開発先 1,000,000 15.75%
イノベーション京都2016投組 投資業(ファンド) 580,000 9.13%
テルモ(株) 協業先 530,000 8.35%
大幸薬品(株) 特別利害関係者など 500,000 7.87%
SBI Ventures Two(株) 投資業(ファンド) 500,000 7.87%
JICベンチャー・グロース・ファンド1号投組 投資業(ファンド) 500,000 7.87%
沢芳樹 取締役最高技術責任者 458,800 7.22%
ジャフコSV6投組 投資業(ファンド) 400,000 6.30%
三菱商事(株) 特別利害関係者など 273,333 4.30%
京大ベンチャーNVCC2号投組 投資業(ファンド) 216,000 3.40%
草薙尊之 代表取締役社長最高経営責任者 142,050 2.24%
井上学 取締役副社長 142,050 2.24%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2024/03 単独会社予想 215 -1,210 -1,246 -1,249
2023/03 単独実績 38 -450 -450 -452
2022/03 単独実績 13 -373 -373 -375
2021/03 単独実績 0 -281 -295 -307
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2024/03 単独会社予想 -174.50 610.53 0.00
参考類似企業
銘柄 時価総額
多木化
394億円
セルソース
483億円
J・TEC
240億円
セルシード
88億円
事業詳細
 大阪大学発再生医療ベンチャー。阪大大学院医学系研究科で開発されたヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の心筋細胞シートをはじめとする再生医療等製品の開発・商業化を目指している。また、自社研究施設を兼ねた商業用細胞培養加工施設「CLiC-1」を大阪府箕面市に設置しており、他のベンチャー企業に細胞製品を供給する製造開発受託(CDMO)事業も手掛けている。社名「Cuorips」は、心臓を意味するイタリア語の「Cuore」と「iPS」に由来する。
 また、その他関係会社でもある第一三共とは共同研究開発契約を締結しており、阪大発の技術と第一三共の有するヒトiPS細胞由来心筋細胞の精製技術を融合した再生医療製品を開発している。朝日インテックや四国計測工業、ダイダンやアース環境サービスなどとも次世代治療技術や培養技術などの共同開発を進めている。

 製造販売承認実績はまだなく、臨床試験の段階に進むパイプラインには虚血性心疾患(ICM)を対象にした「PJ1」がある。国内の医師主導治験において予定していた8症例の移植全てを2023年3月に完了しており、約6カ月間の経過観察中である。また、拡張型心疾患(DCM)への適用拡大を目指す「PJ2」が前臨床試験の段階にある。
 このほか、PJ1の米欧での承認取得計画「PJ3」、朝日インテックと共同研究開発する急性心筋こうそく(AMI)や慢性完全閉そく(CTO)を対象疾患とするカテーテル「PJ4」、肝硬変や非アルコール性脂肪肝炎などを対象とした体内再生因子誘導剤「PJ5」のパイプラインがあるが、いずれもまだ探索段階である。

 2023年3月期の売上高構成比は再生医療等製品事業100%。主な販売先は富士フイルム52.2%、セルソース20.7%、再生医療ベンチャーのVC Cell Therapy16.3%、創薬ベンチャーのカノンキュア10.6%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPO更新情報
IPOスケジュール
マーケットデータ
日経平均 39,237.95 +139.27
TOPIX 2,676.81 +16.10
グロース250 765.43 +23.32
NYダウ 39,131.53 +62.42
ナスダック総合 15,996.82 -44.80
ドル/円 150.49 -0.02
ページTOPへ