DZHフィナンシャルリサーチ 総合サイト 中国株専門サイト 外国為替専門サイト
ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
【注意事項】
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止は こちら をクリック。
【入力フォーム】
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
ご覧のコンテンツ 「

インフォメーション
新コラムを追加しました
統計学的な考えを活かした、逆張りにも順張りにも使える人気のテクニカル指標「ボリンジャーバンド」をピックアップしました。ぜひご覧ください。
≫ 詳しくはこちら

今週のコラム(2/1分)を更新しました
上昇トレンドが一服したあとのもみ合い相場には、一段高につながる「継続パターン」と転換の「反転パターン」に分かれます。昨年後半はもみ合いと一段高が繰り返されましたがはたして次はどうなるのでしょうか?
「パターン分析」でトレンド継続・転換を見極める〜ダブルボトム編〜

緊急事態宣言に伴う当社のサービスについて
≫ 詳しくはこちらをご覧ください

日本株アナリストを募集中
日本株情報のプロとして、個別株や株式市場全般に関する材料・分析コメントを作成・配信するお仕事です。
≫募集の詳細はこちら

会員サービス『 トレーダーズ・プレミアム 』のご案内
毎朝寄り付き前にお届けする 『推奨銘柄』 はもろん、インターネット情報では珍しい、株式アナリストのアドバイスが1対1で受けられるサービス 『投資相談室』 も提供しています!
≫ 詳細はこちら
ウィークリーレポート

新旧交代と承認本格化

2/19

 直近上場株の物色は新旧交代。決算発表を通過したことでバルミューダの下げ基調が鮮明化した半面、QDレーザのレーザービームが止まらない。バルミューダは今期営業利益の予想が一桁増にとどまり、ハードルのうなぎ登りに上がった市場の期待には応えられなかった。
  QDレーザも変則的に決算を通過したものの、同社株の場合はまだ実績のない事業への期待が手掛かり材料になっており、その分、買い手は夢を見やすいといった違いがある。QDレーザの株価は17日に2000円を超え、公開価格の6倍にもなった。公開規模50億円クラスでベンチャーキャピタルの持ち株もそれなりに多かった案件としては、異例の展開である。網膜走査型レーザーアイウエアはメディアでもよく紹介されるだけに期待が高いわけだが、それ以上にまだIPOが少ない時期に上場したこで、物色資金が集中しやすい環境が効いているのだろう。

 一方、2月も後半入りし、ようやく3月IPOの承認も本格化し始めた。ウィングアーク1stをはじめ18、19日で6社の上場が一斉に承認された。かつてここで候補に挙げたロコガイドと同じクックパッドチルドレンのベビーカレンダーも早速出てきた。ウィングアクは過去に2回上場を延期しており、これで3回目。2回目はちょうど一年前だったが、新型コロナの影響を理由に上場を延期。延期ドミノの引き金を引いた。
  ロイターによれば3回目の上場承認は東証史上初のことになるという。承認のたびに業績は拡大するが、最初に欲張り過ぎたせいで価格と売り出し株数を引き下げてきた。今回も例外ではなく、とうとうとグローバルオファリングを断念。海外販売は行うものの、北米を除く旧臨時報告書方式の簡易型で行うことになった。カーライルはかつてIPO目前まで持って行きながらも、ウィルコムやアヴァンストレートといった大型MBO(経営陣が参加する企業買収)案件をつぶしてしまったことがあるが、果たして今回は「三度目の正直」となるのか。