IPO銘柄詳細

コード 市場 業種 売買単位 注目度
4258 マザーズ 情報・通信業 100株 B
スケジュール
スケジュール
仮条件決定 2021/12/03
ブックビルディング期間 2021/12/07 - 12/13
公開価格決定 2021/12/14
申込期間 2021/12/15 - 12/20
払込期日 2021/12/21
上場日 2021/12/22
価格情報
仮条件 1,700 - 1,970円
公開価格 1,970円
初値予想 2,600円
初値 2,100円
  • スケジュールは上場企業都合により変更になる場合があります。
基本情報
代表者名 伊藤 整一(上場時63歳4カ月)/1958年生
本店所在地 東京都中央区日本橋浜町
設立年 1996年
従業員数 128人 (2021/11/18現在)(平均37.4歳、年収614.3万円)
事業内容 データセキュリティー事業(ログ管理製品「Alogシリーズ」などの販売)およびネットワークセキュリティー事業(ICT(情報通信技術)通信インフラネットワークの設計・構築をクラウド上から遠隔で行う「NetworkAllCloud」サービスなどの提供)
URL https://www.amiya.co.jp/
株主数 59人 (目論見書より)
資本金 50,000,000円 (2021/11/18現在)
上場時発行済株数 4,000,000株(別に潜在株式508,000株)
公開株数 1,184,000株(公募429,600株、売り出し600,000株、オーバーアロットメント154,400株)
調達資金使途 広告宣伝費、人材採用費・教育費、研究開発費、借入金返済
連結会社 0社
シンジケート
公開株数1,029,600株(別に154,400株)
種別 証券会社名 株数 比率
主幹事証券 岡三 824,400 80.07%
引受証券 SBI 51,400 4.99%
引受証券 みずほ 41,100 3.99%
引受証券 SMBC日興 41,100 3.99%
引受証券 楽天 30,800 2.99%
引受証券 マネックス 10,200 0.99%
引受証券 むさし 10,200 0.99%
引受証券 水戸 10,200 0.99%
引受証券 香川 10,200 0.99%
大株主(潜在株式を含む)
大株主名 摘要 株数 比率
(株)チャクル 役員らが議決権の過半数を所有する会社 1,164,800 28.56%
石田晃太 代表取締役社長 727,200 17.83%
伊藤整一 代表取締役会長 454,400 11.14%
投資事業組合オリックス9号 ベンチャーキャピタル(ファンド) 400,000 9.81%
(株)セキュアヴェイル 特別利害関係者など 176,000 4.32%
網屋従業員持株会 特別利害関係者など 149,900 3.68%
柴崎正道 取締役CISO 116,800 2.86%
新納隆広 従業員 100,800 2.47%
加藤光栄 従業員 84,800 2.08%
山崎勝巳 従業員 70,400 1.73%
業績動向(単位:百万円)
は予想
決算期 種別 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2021/12 単独予想 2,724 222 215 136
2021/12 単独3Q累計実績 2,146 288 297 191
2020/12 単独実績 2,314 186 185 125
2019/12 単独実績 2,161 128 129 76
売上高
営業利益
経常利益
純利益
1株あたりの数値(単位:円)
は予想
決算期 種別 EPS BPS 配当
2021/12 単独予想 37.88 345.63 0.00
参考類似企業
銘柄 今期予想PER
3692
FFRI
47.9倍 (連結予想)
4166
かっこ
49.2倍 (単独予想)
4493
サイバセキュリ
102.5倍 (連結予想)
4704
トレンド
26.9倍 (連結予想)
6199
セラク
18.8倍 (連結予想)
7518
ネットワン
18.4倍 (連結予想)
9450
ファイバーGT
18.8倍 (連結予想)
事業詳細
セキュリティーソリューションの提供。大企業向けが中心。「重要データの記録」に着目して人工知能(AI)テクノロジーをログ分析に活用し、顧客のセキュリティーレベルを向上する「データセキュリティー事業」と、「ICT(情報通信技術)インフラのクラウド化」に着目し、SaaS(Software as a Service)ネットワークでセキュリティーを向上する「ネットワークセキュリティー事業」を展開している。
 強みは自社開発の製品/サービスが提供できること。自社開発の推進による高い利益率が特長で、収益は保守やサービスなどによるストック構造によって安定したリカーリング(継続収益)モデルを実現している。

1.データセキュリティー事業
 社内関係者によるデータ持ち出しの監視、外部からのサイバー攻撃検知、テレワーク下での労務管理など、セキュリティーに関するあらゆるログを管理できるソフトウエアを開発・販売している。大手企業を中心に販売するサーバーアクセスログ製品「ALog ConVerter」は、14年連続(2006年~2019年)で国内シェアNo.1を獲得している。

2.ネットワークセキュリティー事業
 企業のLAN/WAN(構内通信網/広域通信網)などのICT(情報通信技術)通信インフラネットワークを設計・構築している。オフィスのサーバー/ネットワーク構築、拠点間接続、テレワーク用のリモートツールなど通信に関するテクノロジーを提供している。機器の設定は全てソフトウエアによる遠隔で設定しており、拠点の多い企業ほどメリットのあるサービスとなっている。

 2020年12月期の売上高構成比は、データセキュリティー事業45.4%、ネットワークセキュリティー事業54.6%。
コメント
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」にご入会(有料)いただくと、ご覧いただけます。
仮条件分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
公開価格分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値予想
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
初値分析
会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」でご覧ください。
IPOスケジュール
マーケットデータ
日経平均 26,490.53 +382.88
TOPIX 1,882.33 +26.36
マザーズ 673.43 -6.29
NYダウ 31,037.68 +69.86
ナスダック総合 11,361.85 +39.61
ドル/円 135.76 -0.19
ページTOPへ